カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. その他 >
  6. ダイエット中でもどうしても食べたい…そんなときの夜食を紹介!

美容・ダイエット

ダイエット中でもどうしても食べたい…そんなときの夜食を紹介!

 

ダイエット中でも、仕事が忙しくて夕食をとる機会を逃す人も多いと思います。

この場合、多くの方は夜食を用意することになりますが、その場合どのような点に注意すればよいのでしょうか。

 

1 冷たい食事よりも温かい食事を

ダイエット中の夜食を用意するときには、冷たい食事を避けて温かい食事を用意しましょう。冷たい食事はさっぱりしていて、楽に食べることができるイメージがありますが、その分たくさん食べてしまう可能性があります。

他方、温かい食べ物の場合同じ量でも、冷たい食べ物よりも空腹感が和らぎやすいといわれています。

また、温かい食べ物を食べる際には冷たい食べ物よりもより時間がかかり、その分満腹中枢を十分に刺激して、ある程度の量で十分満腹感を得られるのです。

 

2 柔らかいものよりも固くて食べにくいものを

また、夜食の場合は柔らかいものよりも固くて食べにくいもののほうがダイエットの観点から良いとされています。なぜなら、固くて食べにくいものは柔らかいものよりもたくさん咀嚼が必要です。

咀嚼の回数が多ければ多いほど、満腹中枢を刺激してくれるので、同じ量でも固い食事の方がより満腹感を得ることができるのです。

 

3 糖質制限食のすすめ

夜食は寝る前に食べる食事なので、ダイエット中には脂肪に変換される可能性の高い糖質はできるだけ避けたほうが良いでしょう。糖質は通常エネルギーに変換され生命活動に使われますが、睡眠直前の食事の場合、糖質はエネルギーに使われず余剰な糖質がエネルギーに使われず脂肪に変わってしまいます。糖質を多く含む食材としては、ご飯やパン、麺類のほか、イモ類、かぼちゃ、果物などが含まれます。これらはできるだけ避けたほうが良いでしょう。

 

これらの注意点を守れば、夜食をとってもダイエット中でもそれほど悪影響はないので、あまり過剰に反応せず、食べたいときは注意点を守って食べましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/04/24-361188.php)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

油なのにどうして!?オメガ脂肪酸がダイエットに効く理由

  油はとにかくダイエットに良くないから、油を全面的にカットした生活を送ってい...

だからそこに脂肪がついたのか!「食べ物」と「下半身の脂肪がつく位置」の関係

下半身の脂肪はどうしていなくならないのか…。頑張ってもなかなか下半身痩せがで...


ダイエットにおけるストレスの悪循環 ストレスはこまめに発散!

  痩せたいからダイエットをしているのに、ダイエットをしていることがストレスに...

好きなものを食べて痩せたい!効率のいい食事をとるだけでOK!どんどんカロリーを消費させよう

好きなものを沢山食べると、どうしてもカロリーは高めになってしまいます。 し...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る