カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. エクササイズ >
  5. 全身 >
  6. 新陳代謝を促すエクササイズの秘訣はこれだ!基礎代謝を上げるための効果的なエクササイズって?

美容・ダイエット

新陳代謝を促すエクササイズの秘訣はこれだ!基礎代謝を上げるための効果的なエクササイズって?

新陳代謝を促し、基礎代謝量を上げるのはダイエットを効果的かつ持続的なものにする上で非常に重要な点です。

では、日々の生活の中で基礎代謝量を増やすにはどのような点に気をつければ良いのでしょうか。

 

1 基礎代謝を上げるための効果的なエクササイズ

多くの人がダイエット目的でエクササイズを行っていますが、新陳代謝を促進し、基礎代謝量を増やす目的でエクササイズを行う人は、ぜひレジスタンストレーニングを行うことをおすすめします。

レジスタンストレーニングは、筋肉に抵抗をかける運動の総称で、腕立て伏せダンベル体操、スクワットなどがあります。

これらを行うことで効果的に筋肉量を増やすことができ、結果として基礎代謝量の増加につながります。

注意点としては、以下の2つとなります。

1)筋肉を傷める可能性があるので、あまり無理をしすぎないこと

2)抵抗をかけた筋肉を休めることで筋肉量が増えるので毎日行うのではなく、間をあけて週に2-3回行うこと

 

2 インターバルトレーニングの有効性

インターバルトレーニングとは、運動強度が軽度・中度・高度のレベルの運動を20分以上組み合わせて行うトレーニングです。例えば、2分歩いて、4分ジョギングを行い、1分間全速力で走るといった形で行います。

インターバルトレーニングの利点としては、20分以上継続すると、運動後もカロリー消費が続くことがわかっています。

こうした歩いたり走ったりする運動だけではなく、水泳でも上記のように様々な運動強度の運動を組み合わせて行っても同様の効果が期待できます。

 

トレーニングをせっかくやるのであれば、自分の目指す目的に沿った形でやりたいものです。間違った方法では、十分な効果は期待できません。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/04/24-361197.php)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

全身に関する記事

「正しい歩き」はよりエクササイズに効果が出る!「正しい歩き」を身に着ける方法

  ウォーキングドクター曰く  「やみくもな10000歩より、上質な30...

忙しくても出来る!簡単な『ながらダイエット』で痩せよう

  ダイエットをしようと思っても、なかなか時間がなくて取り組めない方も多いかも...


負荷が軽いのに痩せやすい?スロートレーニングって何?

  体をつくるトレーニングのひとつにスロートレーニングという方法があります。略...

締まりっぱなしの骨盤はダイエットによくない!?自然な骨盤の開閉が理想!必要なのは○○

美しいボディラインを手に入れるためには、骨盤は締まっていた方がいいでしょうか...

カラダノートひろば

全身の関連カテゴリ

全身の記事ランキング

人気体験談ランキング

美容・ダイエットのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る