カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. レシピ >
  5. 夏バテ解消 >
  6. 夏バテ中でも食べやすい!ネバネバスタミナ蕎麦の作り方

健康診断・健康管理

夏バテ中でも食べやすい!ネバネバスタミナ蕎麦の作り方

夏バテになると食欲が減退し、食べなきゃと思っても食べられないことが多いのではないでしょうか。

そんなときに冷たいお蕎麦はあっさりしているので、比較的容易に食べることができます。

ここで、単にざる蕎麦を食べるのではなく夏バテ防止のために一工夫して食べましょう。

 

ネバネバスタミナ蕎麦の作り方

材料(2人分)

長いも   50g

そば    2把

納豆    1パック

刻みめかぶ 1パック

温泉卵  2個

ささみ  3本

オクラ  4本

ネギ   適量

刻みのり 適量

市販のめんつゆ 適量

塩・こしょう  少々

料理酒     適量

 

1 具材の下ごしらえ

長いもはすりおろします。オクラは茹でて食べやすい大きさに切りましょう。

ねぎを切っておき、温泉卵を作っておきます。

納豆はパックをあけて付属のタレがあればそれをかけて混ぜておきます。

 

2 ささみを作ります

鶏ささみは塩コショウをしてお酒を振って10分程度常温で置いておきます。

その後、耐熱皿に置いてラップをかけ、レンジで5分温めます。

冷えたら手で身をほぐして食べやすい大きさにします。スジがある場合は取り除いておきましょう。

 

3 蕎麦の調理

蕎麦は袋などで指示された時間でゆでます。茹で上がったらすぐに冷水にさらしてしっかり洗います。その後、ざるにあげて水気を十分に切ります。

 

4 盛り付け

お皿に蕎麦を盛り付け、その上に1と2で用意した具材を盛り付け、市販のめんつゆをかけて出来上がりです。

 

ネバネバが夏バテに効果がある理由

以上のように、蕎麦の上にのっている具材にはネバネバしたものがたくさんありますが、納豆・オクラに含まれるネバネバ成分はムチンといって、粘膜を保護してくれる役割があるのです。

そのため、胃腸が弱りがちな夏でもしっかりと食事を摂ることができます。

 

また、納豆には体内の糖分や脂肪分をエネルギーに変えるのを助けるビタミンB1が含まれているので、夏バテ対策の食材としては優等生です。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/02/11-376283.php)

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏バテ解消に関する記事

料理の味付けに大活躍!自分で作れる!夏バテ対策にぴったりな手作りラー油の作り方♪

餃子に一振り、ラーメンにちょっとかけるなど、中華との相性がよいのがラー油です。...

ゴーヤの苦みが苦手なあなたに贈る、苦みを消す方法♪

カロリーが少なく、ダイエットにも向いている野菜がゴーヤです。それだけではなく、...


食欲不振や肝機能の回復に冷製スープ【枝豆のビシソワーズ】レシピ

 冷やしても温めてもおいしい、ちょっとオシャレな枝豆のスープです。 食欲のない時...

ムチンのネバネバで胃腸かぜ予防、夏バテ解消に役立つ「もろへいやのお好み焼き」

夏になると増える胃腸風邪、夏バテを予防するためにおすすめなのが、もろへいやを...

カラダノートひろば

夏バテ解消の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る