カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. ヘルパンギーナ >
  6. 夏風邪の一種、ヘルパンギーナとはどのような病気?

育児・子供の病気

夏風邪の一種、ヘルパンギーナとはどのような病気?

子供が夏にかかりやすい病気の一つにヘルパンギーナがありますが、これは具体的にはどのような病気で、どのような点に気をつければよいのでしょうか。

 

ヘルパンギーナとはどういう病気か?

ヘルパンギーナとは、夏に子供の間で流行する急性ウイルス性咽頭炎を指します。

症状としては、発熱のほか、口内に水泡性の発疹が現れるのが特徴的です。

特にのどの奥のあたりに口内炎のように真ん中が白い赤い発疹がたくさんでき、のど全体が真赤になります。

喉の痛みはある場合とない場合があるので喉の痛みの有無では判断できません。

また、高熱は3-4日続くのが通常です。ヘルパンギーナは夏風邪の一種で、だいたい5月から8月にかけて流行します。

 

原因は何か?

この病気はウイルス性のもので、エンテロウイルスやA群コクサッキーウイルスの感染によるものとされています。

接触感染・飛沫感染の恐れがあるので、風邪を引いている、ヘルパンギーナと見られる症状が出ている子供には出来る限り近付かないというのが最も効果的な予防法です。

なお、ヘルパンギーナに対する予防接種は開発されていません

 

お医者さんにもう一度行く目安とは

基本的にお医者さんに見てもらった際には解熱剤やのどの痛みを抑える薬が処方され、これを飲んで4-5日休めば症状が回復するのが通常です。

しかし、解熱剤を飲んでも高い熱が3日以上続く、口内の痛みが非常に強く、口からの水分補給が困難であること、元気がなく、ぐったりしている…

上記のような症状がある場合は、点滴による水分補給などが必要になりますので、もう一度お医者さんに診てもらいに行きましょう。

 

ヘルパンギーナはウイルス性の病気であることから、自分の子供がかかった場合には保育園や学校にその旨を伝えて熱が下がり、口内の痛みがなくなるまでは休ませましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/07/31-366407.php?category=51)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ヘルパンギーナに関する記事

夏に子どもがかかりやすい感染症「ヘルパンギーナ」~子どもに多い代表的な症状3つ

  ヘルパンギーナは、夏に子どもがかかりやすい病気です。いくつかの症状のう...

ヘルパンギーナは「子どもの病気」ではありません~大人の症状と特徴

夏に流行するヘルパンギーナには、「子どもの病気」というイメージがあるかもしれ...

病気と症状の体験談

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

突発性発疹やノロウイルス。子供たちがかかった病気

我が家の二人の娘たちがかかった病気について書いて行きたいと思います。 ほとんどの赤ちゃんがかか...

カラダノートひろば

ヘルパンギーナの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る