カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 食べ物・飲み物 >
  5. 梅雨・夏…どうして寝苦しい?その秘密は湿度にあった!寝返りも寝苦しさの原因!?

不眠・睡眠障害

梅雨・夏…どうして寝苦しい?その秘密は湿度にあった!寝返りも寝苦しさの原因!?

これから梅雨・夏の季節に向けて、なかなか寝苦しい夜になることを心配している人も多いのではないでしょうか。

そもそもどうして人は寝苦しくなるのでしょか。

そして、梅雨・夏の睡眠が浅くなる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

寝苦しさの原因は「湿度」

人が睡眠状態に入るためには横になり寝つくという段階を踏んでいきます。この寝つく際には人は快適な状態にあればあるほど寝つきやすくなります。しかし、この寝つきを妨げるのが湿度なのです。

確かに高温もまた不快指数を上昇させますが、それよりも湿度の高さはそれ以上に人を不快にさせるのです。

 

高温だけでもやっぱり寝苦しい…そのわけとは?

湿度が寝苦しさの大きな要因ですが、高温だけでも寝苦しいことにはかわりはありません。なぜかというと、高温によって発汗が促されることで布団の中の湿度が更に上昇するからです。

特に、発汗量は就寝後1時間以内がもっとも多いとされているため、布団の中の湿度が場合によっては80%にまで上昇することになるのです。

そのため、特に湿度が高くない地域でも、夏の時期においては、多くの人が寝苦しい夜を過ごすことになるのです。

 

寝返りする人も要注意!

せっかく眠りについたと思っても、夏は寝返りによって睡眠が浅くなる傾向にあります。

そもそも寝返りは体内の血行不良を防ぎ、背中が蒸れないよう新しい空気を送り込み、不快感を取り除くという効果があります。

しかし、夏の敷布団は高温になります。冬のときよりもすぐに敷布団に接している部分が高温になってしまうため、寝返りの回数が増えてしまうのです。

必要以上の寝返りは睡眠を浅くすることになり、結果としてどうも疲労が取れていないという不快感をもったまま翌朝を迎えてしまうのです。

 

夏の寝苦しさの解決はなかなか難しいですが、その原因について理解しておくことは非常に重要です。

 

(Photo by:足成)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食べ物・飲み物に関する記事

蒸し暑くてなかな寝付けない…暑い夏でも快眠したいそんな方へ!快眠のための秘訣3つ

暑い夏は蒸し暑くなかなか寝付けない人も多いはず。 それでも、様々な工夫を通...

安眠にはハーブは効く!?知っておくべき 眠りに効くハーブ、その使い方とは

      ハーブは健康や美容に有用な植物を指しています。西洋ではハー...


寝付きの悪さともおさらば!快眠に効果的な食べ物とは(前編)

        「寝付きが悪く布団に入っても寝返りばかり」あるいは「なかなか...

これが寝付きの悪さのもと?寝る前に摂取NGな食べ物とは?

  「なかなか眠れず疲れが今ひとつとれない」と寝付きの悪さにお困りの方はき...

カラダノートひろば

食べ物・飲み物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る