カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 気圧 >
  4. 対処・予防法 >
  5. 低気圧頭痛の漢方治療とは?~五苓散の基礎知識について~

頭痛

低気圧頭痛の漢方治療とは?~五苓散の基礎知識について~

雨や荒天の日に頭痛を起こす低気圧頭痛の治療には、漢方薬を用いることもあります。その代表的なものが「五苓散(ごれいさん)」です。五苓散とは、どんな漢方薬でしょうか?基礎知識をまとめました。

 

五苓散の組成

五苓散は、茯苓(サルノコシカケ科)・沢瀉(オモダカ科)・蒼朮(キク科ホソバオケラの根茎)または白朮(オケラなどの根茎)・猪苓(チョレイマイタケ)・桂枝(クスノキ科のケイの若枝や樹皮)の5つの生薬で構成されています。

どんな人に処方されるか

漢方医学で「水毒」の状態にある人に処方されます。水毒は水分循環が悪く、体内に水分が停滞している状態です。頭痛のほかにも冷え、むくみ、アトピー・鼻炎をもたらすといわれます。

 

効果・低気圧頭痛との関連

沢瀉・茯苓・猪苓には利尿作用があり、体内の余分な水分を排出します。蒼朮(白朮)は胃腸機能を調整し、桂枝は血行を促進して体を温め、水分循環を改善します。

 

低気圧が近づく雨の日には、湿度が上昇して体内の水分を排出する機能が低下するといわれます。排出されない水分によってむくみが起こり、その部位が脳であれば低気圧頭痛に至ります。五苓散によって水分循環が改善されて水分が排出されれば、むくみが解消して低気圧頭痛も緩和されます。

 

低気圧頭痛には冷えなども関係しているので、血行促進効果がある五苓散は、その点でも有効でしょう。

副作用・注意

五苓散の副作用は、胃の不快感や軽い吐き気が主なものです。発疹・発赤・かゆみなどの皮膚症状が生じるケースもあるでしょう。全身症状としては、倦怠感があります。

 

これらの症状が現れたら、服用をやめて受診してください。肝臓や腎臓に持病がある人は、服用前に医師に相談しましょう。

  

水分循環を改善して低気圧頭痛に効果を発揮する五苓散の服用は、ほかの薬との飲み合わせも考えて医師に相談してからが安心です。 

(Photo by://www.ashinari.com/ )

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処・予防法に関する記事

低気圧頭痛の対処法~マグネシウム補給に予防効果が!オススメの食品

低気圧が近づくと起こる低気圧頭痛は天候が原因なので、避けようがないと考えがち...

梅雨の時期の頭痛*旬でも避けたい食材

  片頭痛ははっきりした原因があるものが無い場合が多いため、、どういった対...


ハーブで爽やかに!梅雨の頭痛対策

    梅雨の時期、なんだか頭が重くてすっきりしない、頭痛になりやすい、 そうい...

湿気による頭痛にはこう対処する

梅雨の時期の頭痛は、湿気が原因である場合もあります。   この場合おこっ...

カラダノートひろば

対処・予防法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る