カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 気圧 >
  4. 対処・予防法 >
  5. 低気圧頭痛の人に多い「痰濁中阻証」と有効な漢方薬について

頭痛

低気圧頭痛の人に多い「痰濁中阻証」と有効な漢方薬について

漢方医学では、痰濁中阻証という体質の人に低気圧頭痛が起こりやすいといわれます。痰濁中阻証はどんなタイプの人が当てはまるのか、有効な漢方薬とともに説明します。

 

痰濁中阻証の特徴

いわゆる「水太り」のタイプが痰濁中阻証には多いでしょう。生野菜や生ものを好んで食べ、冷たいビールやジュースなどをたくさん飲む傾向にあるようです。

低気圧が近づき、湿度が高くなると頭に水が溜まったような重さを感じ、圧迫感をともなう頭痛を生じます。頭痛だけではなく、胸苦しさや吐き気を感じやすい人もいます。

症状別・おすすめ漢方薬

◆痰濁中阻証の人全般

・五苓散

低気圧頭痛に用いる代表的な漢方薬。むくみ、下痢、めまいを改善します。

・半夏白朮天麻湯

消化機能が弱く、めまいや吐き気、耳鳴りをともなう頭痛に有効です。自律神経を整えるはたらきもあります。

 

◆過食・胃のムカつきがある

・胃苓湯

胃腸に停滞している水分を排出します。下痢や腹痛に用います。

 

◆動機やめまい、立ちくらみがあり、神経質な人

・苓桂朮甘湯

体内の水分が停滞・偏在する状態を改善します。水分循環を良くすることで頭痛やめまいを緩和するはたらきがあります。

 

日ごろからこれらの漢方薬を服用すると体質改善の効果が得られ、低気圧頭痛が起こりにくくなるかもしれません。

注意

体質改善が目的の場合、服用が長期間にわたります。持病や常用している薬との飲み合わせも考慮してください。自己判断で漢方薬を組み合わせて使用せず、医師や薬剤師の指示を守って服用しましょう。

低気圧頭痛は痰濁中阻証以外にも、複数のタイプが重なって発症するケースがほとんどです。ほかの漢方薬も含めて検討し、自分の体質に合ったものを選んでください。

 

漢方薬でまれに副作用が起こることもあります。異変を感じたら服用をやめて病院へ行ってください。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処・予防法に関する記事

体操で防ごう!梅雨時期の片頭痛

  片頭痛が起こる頻度が高い患者さんや、症状の強い患者さんには、予防療法が...

気圧の変化による頭痛(片頭痛)と薬の飲み方

気圧の変化に伴う頭痛や吐き気は、急な気圧の変化が血管を膨張させ、神経を圧迫す...


冬は片頭痛の症状が悪化する!?どうすれば?

冬になると片頭痛の症状が悪化するという、「頭痛持ち」の人がいると思います。冬...

雨が降る前の気圧変化で起こる頭痛をツボで解消!

気圧が不安定になって、天気が変わりやすいと、頭痛が起こるという経験をしたこと...

カラダノートひろば

対処・予防法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る