カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 基礎知識 >
  5. 原因 >
  6. 薬で尿酸値を下げる!尿酸産生抑制薬の効果や副作用について

生活習慣病

薬で尿酸値を下げる!尿酸産生抑制薬の効果や副作用について

 

尿酸値を下げる薬を大まかに分けると、尿酸産生抑制薬と尿酸排泄促進薬があります。このうち、尿酸産生抑制薬について説明します。

 

尿酸産生抑制薬のはたらき

「プリン体が多い食品を摂ると尿酸値が上がる」といわれるように、プリン体は体内で尿酸に変化します。尿酸生成抑制は、プリン体が尿酸に変化する際に必要な酵素の作用を阻害する薬です。

 

アロプリノール

代表的な尿酸産生抑制薬が、アロプリノールです。高尿酸血症のほか、痛風関節炎や痛風結節の治療に用いられます。アロプリノールは、プリン体から尿酸に変化する際に必要なキサンチンオキシターゼという酵素のはたらきを抑えます。

 

◆使用に注意が必要な人

アロプリノールは、主に腎臓から排泄されます。腎機能障害がある人は排泄が遅れため、用量を加減しなくてはなりません。肝機能が低下している人も、定期的な検査をしながら服用するなどの配慮が欠かせません。

 

◆飲み合わせ

ほかの薬の代謝を妨げる恐れがあります。白血病薬メルカプトプリン、免疫抑制薬のアザチオプリンなどは、アロプリノールとの併用で副作用が強まる危険があります。一般的な薬では、ぜん息薬のテオフィリン、抗凝血薬のワーファリンとの飲み合わせにも要注意。持病があり、ほかの薬を常用している人は医師や薬剤師に相談してください。

 

◆副作用

アロプリノールは痛風の発作を起こさないためのくすりです。しかし、飲み始めに限って尿酸が関節から溶け出すために痛風発作が起こりやすくなるかもしれません。関節中の尿酸が排泄されれば、痛風発作は治まります。

腎機能障害や肝機能障害が無ければ、重篤な副作用は少ないでしょう。まれに皮膚に発疹や発赤が生じる、手足のしびれ、呼吸困難、皮下出血、全身の倦怠感、尿が茶褐色になる、吐き気や腹痛などの症状を呈します。このような症状が現れたら、すぐに病院へ行きましょう。

 

 

尿酸産生抑制薬を飲む際は、飲酒も控えましょう。薬の効果を減じるだけではなく、尿酸値を上げる原因になります。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/04/26-017743.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

痛風は遺伝的要因も大きい!?痛風の発症に関係している「ABCG2」遺伝子の変異って?

  20代や30代でも痛風を発症することがあります。 普通、生活習慣病という...

下がらない尿酸値の原因は「健康サプリメント」にあるかも!?どんなサプリに注意するべき?

  サプリメントは当然健康のために飲むものです。しかし、そのサプリメントが尿酸...


痛風は遺伝する?切り離して考えることができない、環境的要因と遺伝的要因の関係

  痛風は生活習慣病に分類されます。生活習慣病というと、その人の生活習慣の蓄積...

「尿酸排泄促進薬」で尿酸値を下げる!~痛風の薬物療法について~

  尿酸値を下げる尿酸降下薬には、尿酸産生抑制薬と尿酸排泄促進薬があります...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る