カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 基礎知識 >
  5. 原因 >
  6. 「尿酸排泄促進薬」で尿酸値を下げる!~痛風の薬物療法について~

生活習慣病

「尿酸排泄促進薬」で尿酸値を下げる!~痛風の薬物療法について~

 

尿酸値を下げる尿酸降下薬には、尿酸産生抑制薬と尿酸排泄促進薬があります。ここでは尿酸排泄促進薬について説明します。

 

尿酸排泄促進薬のはたらき

尿酸は、腎臓でろ過された後に採吸収されます。再吸収されなかった尿酸は、尿とともに排泄されます。尿酸排泄促進薬は、尿酸の再吸収を抑えて尿酸の排出量を増やすはたらきがあります。

ベンズブロマロン

広く使われている尿酸排泄促進薬が、ベンズブロマロンです。腎臓に作用し、尿とともに排泄される尿酸の量を増やします。体内から尿酸を出すことで、尿酸値を下げます。高尿酸血症のほか、痛風治療にも用います。

 

◆服用できない人

肝臓に持病がある、肝機能が低下している人は服用できません。肝臓の状態を悪化させる危険があります。腎結石や重度の腎臓病でも使用できません。妊娠中も服用を控えます。

 

◆飲み合わせの注意

抗凝血薬のワーファリンは、ベンズブロマロンによって代謝が阻害される恐れがあります。服用量に注意が必要です。薬ではありませんが、飲酒も控えた方が良いでしょう。

 

◆飲み方の注意

医師の指示に従い、少しずつ服用量を増やしていくのが一般的です。尿酸値をゆっくり硬化させるのが目的です。尿中に尿酸を排出する薬なので、水分を多く摂って尿量を増やすことも大切です。心臓病がある人は、水分量が制限されているかもしれません。医師の指示を受けましょう。

 

◆副作用

肝臓に負担がかかるので、特に飲み始めの半年は要注意。肝機能の検査を定期的に受けましょう。服用後にひどい倦怠感や吐き気、発熱、食欲不振など肝障害の前兆が現れたら、服用をやめて受診してください。

 

 

尿酸排泄促進薬の服用とともに、食生活の見直しなども欠かせません。尿酸の生成を抑えるように心がけてください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2007/06/30-002846.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

痛風は遺伝的要因も大きい!?痛風の発症に関係している「ABCG2」遺伝子の変異って?

  20代や30代でも痛風を発症することがあります。 普通、生活習慣病という...

下がらない尿酸値の原因は「健康サプリメント」にあるかも!?どんなサプリに注意するべき?

  サプリメントは当然健康のために飲むものです。しかし、そのサプリメントが尿酸...


痛風は遺伝する?切り離して考えることができない、環境的要因と遺伝的要因の関係

  痛風は生活習慣病に分類されます。生活習慣病というと、その人の生活習慣の蓄積...

痛風は風が吹くだけで痛む?!尿酸値を下げるための食事制限

  ■じっとしていても風が吹くだけで痛むのが痛風です。しかも痛みの発作が一...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る