カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 食事・レシピ >
  5. コーヒーブレイクが尿酸値を下げる!?~痛風の食事療法~

生活習慣病

コーヒーブレイクが尿酸値を下げる!?~痛風の食事療法~

「コーヒーに尿酸値を下げる効果があるかもしれない」という説があります。毎日のコーヒーで尿酸値が下がったら嬉しいですね。

 

コーヒーと尿酸値の関係について述べます。

 

カギはポリフェノール?

カナダのブリティッシュ・コロンビア大学の研究では、1日4~5杯のコーヒーを飲むと、全くなまない人に比べて尿酸値が低くなるという結果が出ました。紅茶などほかの飲料を用いた実験では、尿酸値の変化は見られませんでした。

 

コーヒーにはポリフェノール(抗酸化物質)の一種「クロロゲン酸」が含まれています。このクロロゲン酸の作用により、尿酸値が下がるのではないかといわれています。

 

利尿作用

クロロゲン酸の研究結果が出る以前から、「コーヒーが尿酸値を下げる」という説はありました。これは、コーヒーの利尿作用によるところが大きいようです。

 

尿酸は、尿とともに排出されます。コーヒーで尿量が増えれば、その分、排出される尿酸も増えるでしょう。

 

どのくらいコーヒーを飲めば良いか?

前述のカナダの研究結果をもとにすれば、1日4~5杯で効果があるでしょう。ほかの説では、1日6杯飲む必要があるともいわれます。

 

カフェインの過剰摂取が気になる人は、カフェインレスコーヒーがおすすめです。カフェインレスコーヒーでも、クロロゲン酸は摂取できます。

 

カフェオレ、コーヒー牛乳ならより効果的

コーヒーのほかに、尿酸値を下げる効果が注目されているのが乳製品です。乳製品を多く摂取する人は、そうでない人に比べて尿酸値が低いといわれます。コーヒーに牛乳を加え、カフェオレにして飲むと、より効果があるかもしれません。

 

コーヒーの効果については、ハッキリしていない部分もあります。食生活などから尿酸値抑制を心がけつつ、コーヒーを飲んではいかがでしょうか?

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事・レシピに関する記事

コンビニ食でも食事療法

  「あなたの病気は痛風です。今日から食事のとりかたに気をつけてください」そう...

プリン体?動物性たんぱく質?いやいや、それ以上に気をつけなければいけないのは「過剰摂取」

  痛風の食事療法というと、何を食べるかという部分がたくさん注目されます。プリ...


痛風だって外食したい!!高尿酸血症・痛風の人の外食の選び方

食事に気を付けなければならないと言われる高尿酸血症・痛風ですが、いつも自宅で食...

痛風だけどお酒を飲みたい・・・そんな人にはウイスキーがおススメ!

痛風になってしまうと、食事制限やアルコール制限が始まります。 アルコールが...

カラダノートひろば

食事・レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る