カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ストレス >
  4. 強くなる >
  5. うつ病の要因となるストレスとの上手な付き合い方~ストレスに対抗するのに必要なこととは?~

メンタル

うつ病の要因となるストレスとの上手な付き合い方~ストレスに対抗するのに必要なこととは?~

■人が生きていく上で大きな障害となりうつ病の要因となるストレスですが、それに対抗する武器となるのが生きる喜びです。


どんなに大きなストレスでも、堪え忍んだ先に大きな生きる喜びがあれば、その傷跡は瞬く間に直すことが可能です。


肉体的なストレスも精神的なストレスもそのほとんどが一過性のもので、ある期間を耐えしのげばあとは和らぐのみなのですが、人はストレスを感じた直後はその痛みに支配され、そのことを忘れがちになってしまいます。

 

そうしてそのストレスに耐えることをあきらめてしまうのです。


そのようなときこそ、それまでの生きる喜びを思い出し、この先に待っている新たな喜びに思いをはせることがもっとも効果的にストレス対策となります。

ストレスは無くならず、非常に苦しい痛みを与えますが、だからといってなすがままに何の抵抗もしないのでは、ストレスが人体の機能をどんどん狂わせ、最後には死に至らしめることになります

 

生きる喜びを忘れることなく、ストレスに抵抗する気持ちを失わないようにすることがストレスと渡り合う最大のコツです。

■ストレスとの上手な付き合い方


ストレスは一過性のものであることを忘れずに


●ストレスに耐えた後の新たな生の喜びをイメージする

■痛みなどの身体的ストレス、悲しみや苦しみなどの精神的ストレスなど発生した直後は絶望するほどの人を責めさいなみますが、山を越えればそれも和らぎ、その後に安心と新しい生きる喜びが待っています。

そうした希望を忘れてしまい、ストレスに抵抗しなくなることこそ うつ病なのです。

 

・(Photo by //www.ashinari.com/2012/07/19-365641.php?category=446)

著者: よこさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

強くなるに関する記事

あなたはしていませんか?"2択思考"が自分を追い詰め、ストレスを溜めているかもしれません

   現代は「有りか無しか」「〇か×か」といった思考が多いと言われます。「自分は...

中二病のわが子への対応~思春期の子を持つ親にできること~

中二病・・・いわゆる思春期のお子さんの変化に戸惑う親は多いのではないでしょうか...


ストレスを覚えやすい人の性格

  ストレッサーというものがあります。生物学的に定義しますと、ストレッサー...

自律神経を高めてストレスに強くなろう!

  ストレス社会である現代では、いかにストレスを解消させるかが大きな課題と...

カラダノートひろば

強くなるの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る