カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 陰部 >
  5. 萎縮性膣炎 >
  6. 女性の薄毛対策~紫外線をカットして「光老化」を予防しましょう

女性のカラダの悩み

女性の薄毛対策~紫外線をカットして「光老化」を予防しましょう

 

女性の薄毛は、出産や更年期による女性ホルモンの変化や加齢など、避けられない原因がいくつかあります。一方で、気を付ければ防げる原因もあります。代表的なものが「紫外線」です。紫外線と薄毛対策について説明します。

 

紫外線のダメージと薄毛

髪の主成分はケラチンというタンパク質です。紫外線はケラチンを構成するシステイン結合を切断するため、枝毛や切れ毛など髪が傷みやすくなります。さらに、紫外線は毛母細胞のはたらきを衰えさせるともいわれます。女性の薄毛が頭頂部に多いのは、最も紫外線の影響を受けやすいからだという説もあります。

紫外線によって加齢変化を強められることを、「光老化」と呼びます。

薄毛予防のための紫外線対策

◆紫外線を避ける

何よりも、紫外線を浴びないことが最大の予防です。できれば、紫外線が多い時間帯に外出しないのが理想的です。紫外線が最も多いのは11時から12時前後です。また、「夏は紫外線が強い」というイメージがありますが、光老化を招く紫外線(UV-A波)量は5月に増えます。

 

◆外出時の対策

直接、頭に紫外線があたらないようにします。帽子や日傘を活用しましょう。紫外線をカットするには、黒い日傘がお勧めです。最近では、UVカット機能がある帽子や日傘が増えています。

ヘアケアの際には、UVカット効果があるトリートメントやスタイリング剤を使うのも良いでしょう。髪だけではなく、頭皮の日焼け防止にもなります。

 

◆室内でも要注意

紫外線は、室内にも降りそそぎます。UVカット効果があるカーテンや、窓に貼るUVカットフィルムが便利です。窓際で過ごさないようにする、UVカット効果のあるトリートメントを欠かさないのも有効です。車の運転時も、同じように注意しましょう。

 

 

薄毛予防のための紫外線対策は、肌の光老化にも役立ちます。髪と肌を紫外線から守りましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/11/06-383631.php

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

萎縮性膣炎に関する記事

萎縮性膣炎の予防にはプラセンタが良い!?ホルモンの分泌を調節してくれるんです!

  女性器は高齢になると退行期に入ります。それに伴って見られるのが退行期疾患と...

萎縮性膣炎の原因とは?加齢、手術…!?

  女性特有の病気に萎縮性膣炎と言う病気があります。膣炎でしかも萎縮性という言...


高齢者の発症が増加する萎縮性膣炎の症状とは?

  日本女性の平均寿命は、世界的に見ても高い水準ですし、実際高齢まで生きる方は...

ほとんど無症状?萎縮性膣炎の症状とは?

  人は年齢を重ねるにつれて、生殖器の機能が低下していきます。そしてある一定の...

カラダノートひろば

萎縮性膣炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る