カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 原因 >
  5. 末期がんの症状~腹部に水がたまる「腹水」の原因と対処を見てみよう

ガン・悪性腫瘍

末期がんの症状~腹部に水がたまる「腹水」の原因と対処を見てみよう

末期がんの典型的な症状に「腹水(ふくすい)」があります。腹部に水が溜まり、苦痛がともなうこともあります。ここでは、腹水についてご説明します。

 

腹水がたまる主な理由

腹部に水が溜まるからといって、原因が腹部のがんだけとは限りません。別の部位のがんでも、腹水が溜まることがあります。以下の理由によっても、腹水が溜まると考えられます。

 

炎症による水分の漏れ

がんの進行、転移などにより腹膜にがん性の炎症が起こります。がん性腹膜炎によって、炎症を起こしている部分から体液(水分)が漏れて腹腔内に溜まると考えられます。

 

肝臓機能低下によるタンパク質不足

肝臓では、血液中の「アルブミン」というタンパク質を生成しています。

アルブミンは、血液中の水分を保ち、血管内に水分を引き入れる役割を果たしています。

 

がんの進行によって肝臓機能が著しく低下すると、十分なアルブミンを生成できません。アルブミン不足により、血管外に出た体液などを血管内に引き入れることができず、腹水がたまります。

 

再吸収の機能低下

仮に腹水が溜まったとしても、健康な状態なら腹膜から腹水が吸収されます。

吸収された腹水は、血管やリンパ管を経て、血液中に再吸収されます。しかし再吸収の機能が低下すると、ずっと腹水が溜まった状態になってしまいます。 

腹水の処置

腹水によって著しい苦痛や呼吸困難がともなう場合は、腹腔穿刺や胸腔穿刺によって水を抜く処置を施します。この処置は根本的な解決にならず、体力を奪うこともあるので、あまり積極的に行われないことが多いようです。

 

 

腹水ろ過濃縮再静注法(KM-CART) 

近年、腹水に対する新しい治療法が広まりつつあります。

 

ただ腹水を抜くのではなく、抜いた腹水から必要な成分だけをろ過して取り出し、体に戻す処置法です。「腹水ろ過濃縮再静注法(KM-CART)」と呼ばれ、生活の質の向上や延命効果が期待できるといわれます。

 

ひと口に腹水といっても、がんの種類や症状によって、さまざまです。

(Photo by: //www.ashinari.com/

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

強い発がん性をもつ物質「ニトロソアミン」ができる?!硝酸を含む食材

   近年、肥料などに含まれる硝酸が野菜などに吸収されて、野菜が生きている間に...

世界がん研究財団などがかかげるがん予防のための食生活14ヶ条!

  今回は世界がん研究財団と米国がん研究財団がかかげる、がん予防のための食...


がんとアルコールの関係は?アルコールの摂取量とがんの発症について

    アルコールは百薬の長と呼ばれていますが、飲みすぎればさまざまな疾患の...

発がん性物質としてスウェーデンで発表された食品中の「アクリルアミド」

   発がん性物質にはさまざまなものがありますが、2002年4月スウェーデン政...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る