カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 痛み >
  5. 痛みの強さ別!末期がんの疼痛コントロール~各種鎮痛薬について

ガン・悪性腫瘍

痛みの強さ別!末期がんの疼痛コントロール~各種鎮痛薬について

末期がんの治療で重要なのが、痛み(疼痛)のコントロールです。末期がんの疼痛コントロールに使われる鎮痛薬を、痛みの強さ別にまとめました。

 

非オピオイド鎮痛薬

一般的な鎮痛薬で、がん以外でも痛みや炎症を抑えるために用いられます。ロキソニン、ボルタレン、ブルフェン、カロナール、アセトアミノフェンなどが含まれます。骨や関節の痛みに効果的です。比較的弱い痛みに対して投与する薬なので、痛みが強い場合には効果に限界があります。

 

弱オピオイド鎮痛薬

やや強いがんの痛みに用いられます。神経系のオピオイド受容体と結合し、痛みを抑制します。トラマールという非麻薬系の弱オピオイド鎮痛薬と、麻薬系弱オピオイド鎮痛薬のコデインが主です。コデインは咳止め薬として処方されることが多く、がんの疼痛コントロールにはあまり使いません。トラマールは、がんの慢性的な痛みを緩和するために用います。便秘や吐き気、嘔吐、眠気が現れることがありますが、モルヒネほど強い症状は出ません。

 

強オピオイド鎮痛薬

強力な鎮痛作用をもち、慢性的に強い痛みがある場合に用います。がんの痛みには、モルヒネやオキシコンチン、フェンタニルなどが使われます。痛みの強さに応じて増量することもできます。特にモルヒネは末期がんの疼痛コントロールのために投与されることが多い薬です。モルヒネの副作用のうち、最も多いのが便秘です。強い眠気やめまい、吐き気が現れるのも特徴です。吐き気などは次第に軽くなりますが、便秘は長引くことが多いでしょう。薬の量が多いと意識がもうろうとすることもあります。医師が状態を見て、投薬量を調節する必要があります。

 

疼痛コントロールを適切に行うことで、苦痛を取り除くだけではなく、生活の質を向上させることができます。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/08/29-349545.php

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痛みに関する記事

癌性疼痛の症状がでたらどうしよう?!‐自分で出来ること‐

  「がん」と言う一言で、何もかも思考停止状態になり、「がん」に関わる全て...

癌生疼痛以外にも辛い諸症状の対処法とは?~がんの緩和ケア~

がん患者さんの多くが経験する癌生疼痛ですが、痛みの他にもさまざま辛い症状が出...


癌生疼痛の痛みの症状を伝えるポイントは?痛みを評価するスケール

  がんになると、約8割ほどの人が痛みを感じると言われています。がんが恐れ...

疼痛コントロール!癌性疼痛における麻薬の使用その2

  先ほどの項で、痛みに応じて、鎮痛剤を使い分ける話を書きました。では、実...

カラダノートひろば

痛みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る