カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 痛み >
  5. 痛みの強さ別!末期がんの疼痛コントロール~各種鎮痛薬について

ガン・悪性腫瘍

痛みの強さ別!末期がんの疼痛コントロール~各種鎮痛薬について

末期がんの治療で重要なのが、痛み(疼痛)のコントロールです。末期がんの疼痛コントロールに使われる鎮痛薬を、痛みの強さ別にまとめました。

 

非オピオイド鎮痛薬

一般的な鎮痛薬で、がん以外でも痛みや炎症を抑えるために用いられます。ロキソニン、ボルタレン、ブルフェン、カロナール、アセトアミノフェンなどが含まれます。骨や関節の痛みに効果的です。比較的弱い痛みに対して投与する薬なので、痛みが強い場合には効果に限界があります。

 

弱オピオイド鎮痛薬

やや強いがんの痛みに用いられます。神経系のオピオイド受容体と結合し、痛みを抑制します。トラマールという非麻薬系の弱オピオイド鎮痛薬と、麻薬系弱オピオイド鎮痛薬のコデインが主です。コデインは咳止め薬として処方されることが多く、がんの疼痛コントロールにはあまり使いません。トラマールは、がんの慢性的な痛みを緩和するために用います。便秘や吐き気、嘔吐、眠気が現れることがありますが、モルヒネほど強い症状は出ません。

 

強オピオイド鎮痛薬

強力な鎮痛作用をもち、慢性的に強い痛みがある場合に用います。がんの痛みには、モルヒネやオキシコンチン、フェンタニルなどが使われます。痛みの強さに応じて増量することもできます。特にモルヒネは末期がんの疼痛コントロールのために投与されることが多い薬です。モルヒネの副作用のうち、最も多いのが便秘です。強い眠気やめまい、吐き気が現れるのも特徴です。吐き気などは次第に軽くなりますが、便秘は長引くことが多いでしょう。薬の量が多いと意識がもうろうとすることもあります。医師が状態を見て、投薬量を調節する必要があります。

 

疼痛コントロールを適切に行うことで、苦痛を取り除くだけではなく、生活の質を向上させることができます。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/08/29-349545.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痛みに関する記事

モルヒネでも効果が無い時の対処法「神経ブロック」とは?~がんの痛み~

  WHOの方式に則ったモルヒネなどを使用した疼痛緩和治療を行っても痛みが...

自宅療養でできる!末期がんの痛み緩和ケアとその方法

末期がんでも、通院治療を受けながら自宅で療養生活をおくる人もいるでしょう。自...


癌性疼痛に 麻薬!怖くないの危ないの?最後の手段?~がんの治療~

  がん末期にはモルヒネ、モルヒネが出てきたらもう後は無い、などの印象があ...

痛みに対する不安と恐怖が大きい…癌性疼痛 の対処ってどうしたらいいの?

  「がん」「痛み」この2つを聞いた途端に足元が崩れていくような気持ちにな...

カラダノートひろば

痛みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る