カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 痛み >
  5. 痛みの強さ別!末期がんの疼痛コントロール~各種鎮痛薬による対処法

ガン・悪性腫瘍

痛みの強さ別!末期がんの疼痛コントロール~各種鎮痛薬による対処法

末期がんの治療で重要なのが、痛み(疼痛)のコントロールです。末期がんの疼痛コントロールに使われる鎮痛薬を、痛みの強さ別にまとめました。

 

非オピオイド鎮痛薬

一般的な鎮痛薬で、がん以外でも痛みや炎症を抑えるために用いられます。ロキソニン、ボルタレン、ブルフェン、カロナール、アセトアミノフェンなどが含まれます。骨や関節の痛みに効果的です。比較的弱い痛みに対して投与する薬なので、痛みが強い場合には効果に限界があります。

 

弱オピオイド鎮痛薬

やや強いがんの痛みに用いられます。神経系のオピオイド受容体と結合し、痛みを抑制します。トラマールという非麻薬系の弱オピオイド鎮痛薬と、麻薬系弱オピオイド鎮痛薬のコデインが主です。コデインは咳止め薬として処方されることが多く、がんの疼痛コントロールにはあまり使いません。トラマールは、がんの慢性的な痛みを緩和するために用います。便秘や吐き気、嘔吐、眠気が現れることがありますが、モルヒネほど強い症状は出ません。

 

強オピオイド鎮痛薬

強力な鎮痛作用をもち、慢性的に強い痛みがある場合に用います。がんの痛みには、モルヒネやオキシコンチン、フェンタニルなどが使われます。痛みの強さに応じて増量することもできます。特にモルヒネは末期がんの疼痛コントロールのために投与されることが多い薬です。モルヒネの副作用のうち、最も多いのが便秘です。強い眠気やめまい、吐き気が現れるのも特徴です。吐き気などは次第に軽くなりますが、便秘は長引くことが多いでしょう。薬の量が多いと意識がもうろうとすることもあります。医師が状態を見て、投薬量を調節する必要があります。

 

疼痛コントロールを適切に行うことで、苦痛を取り除くだけではなく、生活の質を向上させることができます。

 

癌性疼痛の原因ってなんだろう ‐がん特有の痛みと治療法とは‐

がんの発病に伴って、ステージが軽い段階から少しずつ、ステージが高くなっていくに従いがん特有の癌性疼痛を訴える人が多くなってきます。

ステージが高い人の約半数が慢性的な痛みを感じ、残りの3割がたの患者さんは耐え難い痛みを感じていると訴えます。

 

◆癌性疼痛の特徴とは

・ がん自体が原因

・ がんに伴い併発する関連したもの

・ がん治療が原因

・ 衰弱による痛み

 

◆痛みの原因

明確な原因は、「がん」です。

がん細胞が増殖し、増殖したがん病巣が臓器を圧迫し、臓器の周りをがん細胞が増殖することにより触れる痛みや、神経に直接触れる痛みがあります。

痛みの原因は腹水が溜まり、お腹の中の圧力が高くなり心臓や肺が押されて呼吸が苦しくなったりする、二次的な因果関係のものも癌性疼痛と呼びます。

 

◆がんの痛み止めは治療である

癌性疼痛は我慢する必要がありません。また癌性疼痛が有る場合、痛みを止めることが積極的な治療となります。

癌性疼痛が有ると言う事は、手術できない状態にあることを示します。

 

◆患者の心理的コンデションで癌性疼痛は変わる

患者さんが良く眠れ、サポートがあり、心理的に落ち着いて、がんに対して知識と理解が有る場合は癌性疼痛が軽減します。

反対に自分の状態に対して悲観的で逃避願望がある場合、死に対する恐怖や不安、痛みに対する無能感から癌性疼痛が増幅されて感じられるようです。

 

◆がんが進むと癌性疼痛は強くなる

確かにがんが進行すると、あらゆる所にがん細胞が入り込み神経に障り、または神経を圧迫し切断しょうとします。

明確に痛みの程度を的確に主治医に告げることに拠って、痛みを止める治療に積極的に参加することが出来ます。

 

ひとこと

痛みを止める事は、積極的な治療と言えるでしょう。

 

癌性疼痛に 麻薬!怖くないの危ないの?最後の手段?~がんの治療~

がん末期にはモルヒネ、モルヒネが出てきたらもう後は無い、などの印象がある「麻薬」という言葉のインパクト。

中毒になるのではないか、オーバードゥズでショックを起こすんじゃないか、とマスコミの「麻薬」「モルヒネ」に対する一般的なイメージで、拒否感を抱く人も多いと思います。

 

◆痛みコントロールはがん治療の一環

 痛みの改善法

1. 鎮痛剤

2. 神経ブロック

3. がんに対して切除や放射線治療をする

4. 痛む部分(筋肉)を温める

5. 心のケア

 

◆がんの痛みは我慢する必要が無い

通常の痛みと、がんの痛みは種類が違うもので、がんの痛みは我慢しても得になりません。

痛みのコントロールと治療は、患者と医師との話し合いの上で決められます。

 

◆モルヒネは中毒にならない

モルヒネと言う言葉自体で、思考停止になるかもしれませんが、医師の管理の上で処方される鎮痛剤の一つとして使用されます。

使用の要領と回数もキチンと管理され、安全で耐性が出ないように管理されます。

 

◆不安を感じたら情報を取る

麻薬が怖い、不安だ、わからない場合には、厚生労働省のホームページの「医薬品麻薬適応使用の管理とガイダンス」をご覧ください。(//www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/yakubuturanyou/other/iryo_tekisei_guide.html)

 

◆麻薬乱用と医療使用は全く異なる

医師の診断下におけるがん疼痛管理は、がんの部位、期日、量、頻度、などの記録を残し、当人の痛みに対し、どのような効果が有ったのかをコントロールします。

 

◆痛みを的確に伝える必要性

痛みを伝える説明の伝わり方が大切なポイントになります。

どのように痛いのかは、検査では測定できず、感じている当人の言葉と説明が頼りです。

何時何所でどのように何がどのように痛いのか、痛みの種類は鈍痛が指すような電気ショックの痛みなのかなどの痛みの種類を説明する必要があります。

 

言葉を知らない赤ちゃんではない場合には、痛みを積極的に医師や周りの人に的確に言葉で伝え、痛みを積極的にとりましょう。

 

モルヒネでも効果が無い時の対処法「神経ブロック」とは?~がんの痛み~

WHOの方式に則ったモルヒネなどを使用した疼痛緩和治療を行っても痛みが取れない場合があります。モルヒネの量をさらに増やしたり、増やすことで副作用が強く出過ぎて耐えられないという場合は「神経ブロック」という方法で痛みを抑えることができるケースもあります。

 

神経ブロックとは

痛む箇所に局所麻酔を注射し、神経回路を遮断することで痛みを取り除くという方法です。痛みに関係している神経のすぐ近くに針を刺して麻酔をかける必要があります。痛む場所が限定されている場合に適している局所療法です。動くと痛みが出るタイプであれば知覚神経ブロック、温まると痛みが軽くなるといった症状の場合は交感神経ブロック、というのが効き目が出やすいと言われています。

 

神経ブロックを受けるには

神経を遮断する治療になりますので、一歩間違うと他の神経にまで影響を及ぼし、マヒが出てしまう可能性もあります。高度な技術を持った専門医がいることが重要です。他にも治療法はありますので、リスクなどを考慮しても神経ブロックが最適だと判断されなければ実施されません。また、神経ブロックは患者さんが意識がある状態で行われ、医師に指示された体勢に変えたりしっかりと動きを止めたりする必要があります。患者さんがそのような指示に従える状態でなければなりません。痛みを抑えられるのも局所に限られますので、痛む範囲が広かったり痛む場所が複数ある場合は適さないと判断され、他の鎮痛補助薬の増量などの治療が行われることがあります。最も痛む部分のみ神経ブロックを行う場合もあります。

 

神経ブロックは即効性が高く、処置後すぐ効果が出てくるでしょう。しかしリスクも伴う治療となりますので、不安や疑問はよく解消してから治療を受けるとよいでしょう。

 

放っておいてはいけない!『がん』の痛み どんな鎮痛剤を使う?    

『がん』と聞くと、まるでその病気の代名詞のように「痛い」「苦しい」「辛い」というイメージがつきまといます。

ですが、それは決して間違いではなく、がん患者の7~8割は、その闘病期に痛みを経験すると言われています。

がんの痛みは「がん性疼痛」と呼ばれ、その原因には様々なものがあります。

 

がん性疼痛の種類

1.「がん」そのものによる痛み

2.がんの転移によるもの

3.がんによって引き起こされる神経障害

4.がんの通過障害によるもの

 

がんの治療にあたっては、治療する患者自身の体力、予備力が治療継続の重要な要素です。

痛みを放置することによって不眠になったり、よりいっそう体力を消耗したりしていては、治療の継続も難しくなってしまいます。

そこで、がん治療には、その痛みに対して何らかの対策を取ることが大切となってきます。

 

WHO方式のがん疼痛対策

世界保健機構(WHO)は、1986年(1996年改正)にがん性疼痛に対する医療指針を示しています。

その内容として治療者ががん性疼痛をどう管理していかなければいけないのかを記しています。

 

第一目標:疼痛に妨げられない睡眠を確保する。

第二目標:安静時に痛みがない状態を確保する。

第三目標:動作時に痛みがない状態を確保する。

 

要するに、がんの痛みは放っておいてはいけないというのがその指針です。

また鎮痛剤を使用する際の3段階として。

 

第一段階:NSAIDs、アセトアミノフェン、鎮痛補助薬

第二段階:NSAIDs、アセトアミノフェン、鎮痛補助薬+弱オピオイド

第三段階:NSAIDs、アセトアミノフェン、鎮痛補助薬+強オピオイド

 

…となっています。

薬剤名を出されると良くわからないと思いますが、これはなるべく軽い経口の鎮痛薬から開始し、徐々に効果に応じて段階的に強い鎮痛薬(麻薬の一種)を追加していくという方法です。

 

薬物治療でも鎮痛効果があまり期待できない場合は、神経ブロックや脊髄鎮痛法などが考慮されます。

がん性疼痛の管理においては、オピオイド使用をも躊躇してはいけないというのが基本とされています。

(Photo by:http://www.ashinari.com/2011/08/29-349545.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-05掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痛みに関する記事

自宅療養でできる!末期がんの痛みを軽減できる因子や緩和ケアとその方法

末期がんでも、通院治療を受けながら自宅で療養生活をおくる人もいるでしょう。自...

カラダノートひろば

痛みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る