カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 痛み >
  5. 自宅療養でできる!末期がんの痛み緩和ケアとその方法

ガン・悪性腫瘍

自宅療養でできる!末期がんの痛み緩和ケアとその方法

末期がんでも、通院治療を受けながら自宅で療養生活をおくる人もいるでしょう。自宅で過ごすためのポイントになるのが、痛みのコントロールです。できるだけ長く自宅で暮らし続けるためにできる身近な痛みの緩和方法を挙げます。

 

薬を適切に使用する

眠気が強くなる、吐き気が起こるなどの理由から、鎮痛薬を使いたがらない人もいます。確かに副作用はありますが、末期がんの強い痛みを抑えることは、生活の質を上げる助けになります。薬の種類や量などを医師に相談して、鎮痛薬を上手に利用しましょう。

 

薬以外の簡単な緩和ケア

◆温める

冷えを感じると体がこわばり、痛みが増すように感じられます。痛みや不快感、倦怠感がある部分を温めてみましょう。カイロ・湯たんぽ・蒸しタオル・電気毛布などを利用すると便利です。低温やけどをしないよう、注意してください。

 

◆お喋り

特に女性にとっては、最高の気晴らしになります。自分が感じている痛みを言葉で伝えることも大切です。どんな時に、どんなふうに、昨日と比べてどのくらい強く痛みを感じるのか?ということを伝えてみましょう。お喋りによって共感が生まれ、精神的な落ち着きにもつながります。

 

◆マッサージ

がんでなくても、人は痛みを感じる部分に自然と手を当てます。痛みで体に力が入り、こわばっていることもあるでしょう。痛む部分に軽く手を当てる、優しくさするだけでもマッサージ効果が得られます。アロマなども活用すれば、香りの効果で気持ちも和らぎます。

 

◆眠る・休息をとる

痛みが強いと睡眠を十分にとれず、さらに不快感が増すことがあります。薬などを使ってでも、まずは体を休めましょう。

 

患者さんに対する痛みの緩和ケアとともに、看護する家族の精神的ケアも重要です。看護する側に余裕ができることで、患者さんの心身が楽になるケースもあります。がん患者の家族会などに相談するのもおすすめです。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/06/21-022781.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痛みに関する記事

癌生疼痛が起きるメカニズム~がんが骨へ転移した場合~

がんは最初のうちは、初めにできた臓器や部位のなかで増殖していきます。やがて、...

癌性疼痛に 麻薬!怖くないの危ないの?最後の手段?~がんの治療~

  がん末期にはモルヒネ、モルヒネが出てきたらもう後は無い、などの印象があ...


WHOが定める『3段階の除痛ラダー』とは?

がんの治療において『痛み』の治療も最近では注目されるようになりました。がんの転移...

モルヒネでも効果が無い時の対処法「神経ブロック」とは?~がんの痛み~

  WHOの方式に則ったモルヒネなどを使用した疼痛緩和治療を行っても痛みが...

カラダノートひろば

痛みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る