カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 家族 >
  5. 末期がんと介護~入所できる高齢者施設とは?各種施設の違いとおすすめ

ガン・悪性腫瘍

末期がんと介護~入所できる高齢者施設とは?各種施設の違いとおすすめ

介護が必要な高齢者が末期がんを患った場合、介護施設で暮らせるか?という点が、問題になります。自宅での療養が難しいなら、老人ホームなどに入所できるのでしょうか?高齢者施設と末期がんについて説明します。

 

退所しなければならない施設もある

がんになる前から高齢者施設に入所していた場合、退所を求められることがあります。高度な医療設備がない、医療者が常駐していないなどの理由が多いでしょう。恐らく入所時に、退所要件について説明を受けていたはずです。これから高齢者施設への入所を検討しているなら、末期がんなど病気の時の対応を確認しておきましょう。

 

系列の病院がある施設なら安心

病院が経営している民間の有料老人ホームなどでは、入所しながら高度な医療を受けられるところが多いようです。施設から外来として通院したり、医師の往診を受けたりします。高齢者と家族の安心感も得られます。

 

積極的な治療をしないなら特養でも

高齢のためがん治療が心身に大きなダメージを与える、本人や家族が積極的な治療を望んでいないなら、特養で終末期を過ごすという選択肢もあります。すべての特養が積極的な治療をしないわけではなく、施設によって異なります。高度な医療措置が必要な高齢者は入所できない施設もあります。

 

「ターミナルケア付き施設」の増加

有料老人ホームや特養など施設の種類を問わず、終末期の高齢者を支えようという取り組みが広がっています。特別な治療はせず、末期がんでも最後まで穏やかに暮らしたいという高齢者や家族の希望に応えます。ターミナルケアへの対応が可能な施設を調べてみましょう。認知症の高齢者の場合は、入所できる施設が限られているかもしれませんが、グループホームの中にもターミナルケアに取り組んでいるところがあります。

 

がんの症状や痛みの強さ、本人の希望などをふまえて施設を考えましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/11/25-383873.php

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

家族に関する記事

末期がんの自宅療養~介護&医療保険の併用ができるのを知っていますか?

  もし身近な家族が末期がんになった時、自宅での生活をどう支えますか?特に...

看取りの時期の兆候とは

末期がんでの自宅療養希望者は増えてきているようです。末期がんで余命がそれほど長く...


がん患者の話を聞くための2つのコツ

がん患者の治療を常に支えているのが家族です。家族として、患者さんに出来ることをい...

がん患者の家族のための支援はどのように行われている?

がん患者の家族へのサポート体制はどのようになっているのか、簡単に見ていきましょう...

カラダノートひろば

家族の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る