カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 原因 >
  5. ストレス >
  6. ストレスは心に悪影響だけではない!体も壊します。その理由と内臓疾患について

メンタル

ストレスは心に悪影響だけではない!体も壊します。その理由と内臓疾患について

ストレスは人間の心も体も壊します。それはなぜなのでしょうか?理由とストレスについて見ていきます。

 

疾患につながる

身体が壊れれば内臓などの疾患に繋がり、心が壊れればうつ病などの精神疾患に罹るのです。

ストレスにより人は胃潰瘍になり、免疫力が低下し、副腎皮質が肥大し、最終的に死に至ります。うつ病など精神疾患は死に直結しないと思われるかもしれませんが、人は何もしなくなれば直に死ぬことも充分あり得ます。ストレスはそれだけ人の心と体に深刻な影響を与える因子なのです。

形がなく目に見えないストレスはつい軽く扱いがちですが、人の命を削る毒物として十分な警戒をする必要があります。

 

心と体を壊すストレス

●うつ病をはじめとする精神疾患

●胃潰瘍

●胸腺・リンパ腺の萎縮による免疫力低下

●副腎皮質の肥大

により、最終的には死に至ることもあります。

 

外傷がないので要注意

うつ病やその他の精神疾患は外傷が無く、見た目からは健常な人にしか見えないこともあり、時には怠け病のように仮病あつかいされ、軽く不当に扱われることがあります。

しかしうつ病は充分死に至る可能性のある病であることは紛れもない事実です。

 

ストレスで起こる身体の疾患も精神疾患もどれもが人間にとって生命の危険となり得るものであり、ストレスはそれだけの毒性があることを常に忘れてはいけません。

 

(Photo by //pixabay.com/)

著者: よこさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ストレスに関する記事

心の痛みに注意をはらおう!現代人はストレス耐性が弱い?

人はストレスを感じると心に痛みを感じます。外から見ただけでは判別の付きにくく、...

社会のストレスがうつ病に

■うつ病が年々増加し、最近では社会問題ともなっていますが、その原因は社会にお...


うつ病予防には健全な生活が一番!ストレスコントロールがうつ病予防になるんです

■現代社会において精神を病む人がどんどん増えてきています。   うつ病と...

過度なストレスは病気のもと!ストレスで起こるうつについて

   ストレスとうつの関係   ストレスと心の病気は、切っても切れない...

カラダノートひろば

ストレスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る