カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療費 >
  5. がんの治療費~がんによっては保険給付対象外の可能性が!がん保険を見直そう

ガン・悪性腫瘍

がんの治療費~がんによっては保険給付対象外の可能性が!がん保険を見直そう

「2人に1人はがんになる」「がん治療にはお金がかかる」という心配から、がん保険に加入している人もいるでしょう。あるいは、これから加入を考えているかもしれません。がん保険といえば、「がんになったら保険金を受け取れる」イメージではありませんか?実は、保険金の給付を受けられないケースもあります。

 

上皮内新生物(上皮内がん)

ごく初期のがんが上皮内新生物です。がんが上皮という層の中にとどまっている状態を指します。上皮内新生物の段階では、手術やレーザー治療で完治する見込みが高いといわれます。したがって治療費が高額になりづらく、保険給付の対象外になるようです。

特に「がんと診断されたら、一時金300万円」のような一時給付金の対象外である場合が目立ちます。このようなタイプの保険では、上皮内新生物ではほかの給付も一切受けられない可能性があります。検査方法が発達し、ごく初期のがんでも発見できるようになったことで増えている事例です。

 

短期入院

がん治療といえば、かつては長期間入院しなければいけませんでした。そのために、仕事を休んだり辞めたりする人も多く、収入が途絶える心配もありました。最近では、がんを早期発見できるようになり、長期の治療が不要な場合も多いようです。さらに治療法も発達し、短期入院と通院で治療を進められるようにもなっています。

がん保険の中には、「20日以上の入院から給付を受けられる」などの条件が付けられているものもあります。短期間の入院で済むのは喜ばしいことです。しかし、短期入院を繰り返すケースでは、「給付要件を満たさない入院を繰り返して、費用がかさむ」といった問題も生じます。

 

かなり前の保険に加入している人は、最近のがん医療に保険が対応できていないかもしれません。定期的な保険の見直しをお勧めします。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/02/14-357682.php

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

治療費に関する記事

高額療養費制度をうまく利用しよう!がんの治療の経済的負担

がんの治療には数年単位の時間がかかることもあります。がんの病状をあらわすステー...

普通の治療に比べるといくら違う?ガンの最新治療「免疫療法」の費用はどれくらい?

  ガンの最新治療であり第4の治療法としても注目されている免疫療法は、実は自由...


知っておきたい治療費以外の費用

がんは高額な治療費用がかかるということで知られています。特にがんのステージが高け...

医療費や生活費…がん治療において使用できる公的制度について

  医療費や生活費、介護など様々なジャンルでサポートがありますのでその一部...

カラダノートひろば

治療費の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る