カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 気圧 >
  4. 対処・予防法 >
  5. 低気圧頭痛の治療に~頭痛外来へ行ってみませんか?頭痛外来について

頭痛

低気圧頭痛の治療に~頭痛外来へ行ってみませんか?頭痛外来について

低気圧頭痛に悩んでいる人は、病院で受診したことはありますか?「病気ではないから」と、市販の頭痛薬を飲んで済ませている人も多いのではないでしょうか。

最近は、さまざまな頭痛を診療する「頭痛外来」「頭痛専門外来」などがあります。頭痛外来についてまとめました。

 

頭痛外来とは

あらゆる頭痛の診察・検査・診断・治療を行います。診療に当たるのは脳神経外科や神経内科など脳の専門医だけではありません。内科や精神科、ペインクリニックなど、さまざまな分野の医師が頭痛の診療に当たっています。

病院によって高度な治療ができる分野が違うので、まずは頭痛の原因を調べ、必要な治療を受けられる病院へ行くのが良いでしょう。

 

頭痛外来を受診するメリット

より専門的な検査、治療を受けられます。単なる低気圧頭痛だと思い込んでいたら、実は重大な病気が潜んでいた…という可能性もあります。痛みが発生するメカニズムなどが分かれば、頭痛が起こる前に適切に対処することもできるでしょう。

市販の頭痛薬よりも、より症状に合った薬を処方してもらえるのも、頭痛外来のメリットです。

 

どんな時に頭痛外来を受診すべきか

天候が不安定になるたびに頭痛が起こるなど、以前から低気圧頭痛に悩まされている人は1度受診してみましょう。痛みが起こる間隔が短くなった、痛みが激しくなったなどの変化がある場合も、受診した方が安心です。頭痛の「期間」「頻度」「強さ」がポイントです。

頭痛の症状を医師にきちんと伝えるため、頭痛が起きた日時や症状を記録しておくことをお勧めします。

頭痛以外に手足のしびれ、言葉が出てこない、視野が狭くなるなど、ほかの症状が現れたら急いで病院へ行きましょう。低気圧頭痛ではなく、脳血管障害の恐れがあります。

 

低気圧頭痛が気になっている人は、1度頭痛外来に足を運んではいかがでしょうか? 

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処・予防法に関する記事

梅雨に片頭痛の人が避けるべき7つのポイント

  梅雨になると頭痛がひどくなったという、片頭痛の患者さんの話をよく聞きま...

低気圧頭痛の人に多い「痰濁中阻証」と有効な漢方薬について

漢方医学では、痰濁中阻証という体質の人に低気圧頭痛が起こりやすいといわれます...


気圧の変化による頭痛(片頭痛)と薬の飲み方

気圧の変化に伴う頭痛や吐き気は、急な気圧の変化が血管を膨張させ、神経を圧迫す...

梅雨の頭痛に負けない快適な部屋づくり

  梅雨は暑い日がどんどん増え、雨でジメジメとした日が続いて、過ごしにくく...

カラダノートひろば

対処・予防法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る