カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 気圧 >
  4. 対処・予防法 >
  5. 低気圧頭痛の治療にも~頭痛外来の診療の流れについて

頭痛

低気圧頭痛の治療にも~頭痛外来の診療の流れについて

低気圧頭痛に悩まされているなら、頭痛外来の受診をお勧めします。頭痛外来は、あらゆる頭痛を診療します。

頭痛外来を受診した時の流れをまとめました。

 

問診

頭痛の様子について、医師の質問に答えます。頭痛の様子、痛みの現れ方を中心に尋ねられます。単なる低気圧頭痛なのか、ほかの病気が根底にあって頭痛が起きているのかを判断する大事なプロセスです。

できれば頭痛が起こる度に、日時や天気、痛みが継続した時間、頭のどの部分が痛むか、服薬の有無などを手帳にメモしておくと良いでしょう。より正確な診断の助けになります。

 

より精密な検査

問診の結果、ほかの病気が疑われる、頭痛の程度がひどい場合には精密検査を行います。CT・MRI・X線の撮影、脳波検査、血液検査が一般的です。症状によっては、髄液検査や神経超音波検査など、より専門的な検査が実施されます。

 

通常の低気圧頭痛の場合

重大な病気ではなく慢性頭痛の可能性が高い場合は、より詳細な問診などから頭痛の鑑別診断を実施します。

慢性頭痛には、「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」があり、それぞれに必要な対処法が異なります。低気圧頭痛は、片頭痛と発生のメカニズムが似ているといわれます。

より詳細な問診とは、頭痛によって日常生活にどんな支障が出ているかという「支障度」を知るためのものです。

 

診断・治療

個々の頭痛に合わせた治療を行います。詳細に頭痛の様子を診察することで、適切な治療薬を選択できます。症状によっては、治療経過を定期的に観察する必要があります。

 

ここに挙げた流れは、あくまでも一例です。低気圧頭痛のような慢性頭痛では、診断が出るまで、症状に合った薬を決めるまで、に複数回の通院が必要なケースもあります。 

(Photo by://www.photo-ac.com/

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処・予防法に関する記事

シソで梅雨の片頭痛を吹き飛ばそう!

    梅雨の季節、何だか頭が重くてだるかったり、気分が優れない日も多く...

頭痛に効くツボ!台風や季節の変わり目などで頭痛がつらいときに効果的!

低気圧頭痛とは、急な気圧の変化が血管を膨張させ、神経を圧迫するために起こると...


雨が降る前の気圧変化で起こる頭痛をツボで解消!

気圧が不安定になって、天気が変わりやすいと、頭痛が起こるという経験をしたこと...

冬は片頭痛の症状が悪化する!?どうすれば?

冬になると片頭痛の症状が悪化するという、「頭痛持ち」の人がいると思います。冬...

カラダノートひろば

対処・予防法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る