カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 気圧 >
  4. 対処・予防法 >
  5. 低気圧頭痛の対処法~マグネシウム補給に予防効果が!オススメの食品

頭痛

低気圧頭痛の対処法~マグネシウム補給に予防効果が!オススメの食品

低気圧が近づくと起こる低気圧頭痛は天候が原因なので、避けようがないと考えがちです。しかし、マグネシウムが症状緩和に役立つかもしれません。

低気圧頭痛とマグネシウムの関係についてまとめました。

 

マグネシウム不足が頭痛を招く

マグネシウムは、カルシウムとともに血管や筋肉、神経の収縮・弛緩のバランスを保っています。マグネシウム不足になると、カルシウムの作用で血管の緊張が持続し、頭痛が起こりやすい状態になります。

 

マグネシウムの必要量

アメリカの研究では、片頭痛の患者に1日600mgのマグネシウムを投与したところ、頭痛の発作の頻度が4割減少したという結果が出ています。マグネシウムと頭痛の関連が認められたといえるでしょう。

1日に600mgの摂取は多いかもしれませんが、1日あたりの栄養所要量は満たしたいものです。成人男子では280~320mg、成人女子は240~260mgが必要です。

 

マグネシウムを摂取できる食品

100mgあたりのマグネシウム含有量が多いのは、いりごま・アーモンド・乾ひじき・インゲン豆・干しエビ・油揚げ・ほうれん草・全粒の穀物類・魚介類全般です。海藻や乾物、雑穀類を中心にした和食は、理想的なマグネシウム補給食です。ヒジキの煮物、海藻や油揚げを入れた味噌汁、煮豆、ほうれん草の胡麻和え、焼き魚がおすすめです。

オヤツには、ナッツ類をつまむと良いでしょう。ビフィズス菌やオリゴ糖が、マグネシウムの吸収を助けます。食後のデザートにバナナ、ヨーグルト、ハチミツなどを摂取するとマグネシウムの吸収率がアップします。

 

食事から摂取する範囲ではほとんど問題がありませんが、マグネシウムのサプリメントを利用する場合は摂りすぎに注意が必要です。過剰摂取によって、下痢をすることがあります。 

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処・予防法に関する記事

体操で防ごう!梅雨時期の片頭痛

  片頭痛が起こる頻度が高い患者さんや、症状の強い患者さんには、予防療法が...

気圧の変化による頭痛(片頭痛)と薬の飲み方

気圧の変化に伴う頭痛や吐き気は、急な気圧の変化が血管を膨張させ、神経を圧迫す...


冬は片頭痛の症状が悪化する!?どうすれば?

冬になると片頭痛の症状が悪化するという、「頭痛持ち」の人がいると思います。冬...

雨が降る前の気圧変化で起こる頭痛をツボで解消!

気圧が不安定になって、天気が変わりやすいと、頭痛が起こるという経験をしたこと...

カラダノートひろば

対処・予防法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る