カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 気圧 >
  4. 対処・予防法 >
  5. 低気圧頭痛などに頭痛薬!市販の鎮痛薬を飲む際の注意点について

頭痛

低気圧頭痛などに頭痛薬!市販の鎮痛薬を飲む際の注意点について

低気圧頭痛の最も効果的で手軽な対処法は、服薬です。市販の鎮痛薬はドラッグストアなどで簡単に購入できます。しかし手軽な反面、服用には注意も必要です。市販の鎮痛薬にまつわる注意事項をまとめました。

 

常用・乱用に注意

低気圧頭痛を抑えるために鎮痛薬を服用しているうちに、薬が頭痛の誘因になる恐れがあります。これは絶え間なく鎮痛薬を服用し続けていると起こりやすいケースです。鎮痛薬の飲み過ぎで、脳内にある痛みを感じる部分が過敏になることが原因です。鎮痛薬の効き目が切れると、痛みが生じます。梅雨時や台風シーズンなど、長期にわたって悪天候が続く時は、飲み方に気を付けましょう。

 

副作用や依存を防止するためには

鎮痛薬の成分は、アスピリン、アセトアミノフェン、イブプロフェン、エテンザミド、イソプロピルアンチピリンの5つが主流です。市販の鎮痛薬は、複数の成分を配合したものと、単一成分のものがあります。比較的安全性が高いといわれるのは、単一成分の鎮痛薬です。特に、アセトアミノフェンは副作用が少ないことで知られています。

 

飲むタイミングがポイント

少量の鎮痛薬で最大の効果を得るためには、服用のタイミングが重要です。薬を飲みたくないからと、痛みが強くなるまで我慢するのは逆効果です。頭痛の前兆を感じた、少し痛み始めたタイミングですぐ服用しましょう。結果的に、服用回数を減らせます。

服用の感覚は、最低でも3時間以上空けてください。梅雨時などは難しいですが、できれば週2回までの服用にとどめたいものです。

 

大部分の鎮痛薬には、カフェインが含まれています。服薬前後にコーヒーや紅茶など、カフェインを含む飲料は飲まないようにしましょう。カフェインの過剰摂取になり、かえって頭痛がひどくなる可能性があります。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/01/10-032758.php

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処・予防法に関する記事

気圧の変化による頭痛(片頭痛)と薬の飲み方

気圧の変化に伴う頭痛や吐き気は、急な気圧の変化が血管を膨張させ、神経を圧迫す...

湿気による頭痛にはこう対処する

梅雨の時期の頭痛は、湿気が原因である場合もあります。   この場合おこっ...


低気圧頭痛の人に多い「痰濁中阻証」と有効な漢方薬について

漢方医学では、痰濁中阻証という体質の人に低気圧頭痛が起こりやすいといわれます...

梅雨の時期の頭痛*旬でも避けたい食材

  片頭痛ははっきりした原因があるものが無い場合が多いため、、どういった対...

カラダノートひろば

対処・予防法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る