カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 乳房 >
  5. 最新乳がん治療法とは?リンパ節転移の有無を調べる方法とは

女性のカラダの悩み

最新乳がん治療法とは?リンパ節転移の有無を調べる方法とは

 

『メスを使わず日帰り可能』、最新の乳がん治療法とは? 

現在、乳がんの最新治療として『メスを使わない治療法』に注目が集まっています。中でも『MRガイド下集束超音波療法(FUS)』という治療法は、2004年から臨床試験がスタートした最新治療で、外部から超音波の照射を行い体内で集束され熱に変換し、がん細胞を死滅させるというものです。手術による傷も無いため、日帰りで治療を受けられるというメリットがあります。では、その治療効果はどれ程のものなのでしょうか?以下では、他の最新治療法も含め、詳細について見て行きたいと思います。

 

最新療法の適応基準とは? 

メスを入れない治療方法としては、以下の3療法が注目を集めています。

 

◆ラジオ波焼灼療法(RFA)

◆冷凍凝固療法

◆MRガイド下集束超音波療法(FUS)

 

それぞれ、治療を受ける条件があり、ほぼ『温存術(乳房を全摘出せずに部分切除する療法)』の場合の条件と同じと言われていますが、腫瘍の大きさに関してはRFAで『2cm』、FUSで『1.5cm』以内と早期発見が条件となっています。現在では、マンモグラフィー検査で小さな早期がんの発見も可能となっているので、条件を満たす患者数も多くなってきていると言われています。その他の条件に関しては、以下になります。

 

<適応基準について>

◆18歳以上の女性であること。

◆針生検による浸潤乳癌の確定診断がなされていること。

◆超音波検査やCT、またはセンチネルリンパ節生検で明らかな転移リンパ節がないこと。

◆乳がんの進行度(病期分類)が、0期~1期であること。

◆腫瘍の大きさが1.5cm以下であること。

◆腫瘍から皮膚までの距離が1cm以上であること。

◆腫瘍の位置が乳輪乳頭下にないこと。

◆治療乳房周辺に外科手術の既往がないこと。

◆化学療法、内分泌療法、放射線療法等を受けていないこと。

 

また、上記3療法のうち『ラジオ波焼灼療法(RFA)』に関しては、デメリットとして『再発の可能性』が報告されており、注意が必要です(FUSに関しては、現在再発の報告はないようです)。

 

MRガイド下集束超音波療法(FUS)とは? 

MRガイド下集束超音波療法(FUS)は、前述のように、超音波を集束させてがん部分を焼き、死滅させるという治療方法ですが、メスを使わないため局所麻酔も行う必要が無く、鎮痛剤と鎮静剤のみを投与後、MRI(磁気共鳴画像装置)を使って乳がん部分を特定するとともに超音波を集束照射します。

 

<超音波の照射とは?>

超音波は、人間が聞くことの出来ない高い振動数(約2万ヘルツ以上)の振動波で、人体に安全で副作用なども報告されていません。集束による熱産生とは、黒い紙の上に虫眼鏡で太陽光の焦点を当てると燃えると言ったようなものであると説明されています。

 

<手術の概要とは?>

MRIによって、標的腫瘍の位置を正確に把握し、208本の超音波によって照射・集束することで、腫瘍の一帯だけを温め(60~90℃)、がん細胞に熱凝固を起こさせます。(がん細胞は、60℃で1秒、43℃で4~5時間で死滅する)。

 

<手術の順序>

 

1)治療前に、鎮痛剤・鎮静剤を静脈注射し、閉所での不安を軽減させる。

2)検査着(ガウン)に着替え、MRIの円筒状の機械の中で開始治療。

3)医師・MRI技師が『MR温度分布画像』をモニタリングしながら照射準備を行う。

4)熱を伝えるニードルは乳房に刺入する必要はなく、外から照射を行う。(照射時間:約2分/回×40~50回(2時間~2時間半)、毎回90秒の冷却時間をはさむ)

5)『スポット』と呼ばれる小さな超音波を積み重ねていく(患者が非常ボタンを押すと、エネルギー出力停止する)。

6)死滅させたがん細胞は、取り除く必要は無く、自然に体内分解され正常組織に置き換わる。

5)手術後、傷はまったく残らず、治療後1時間ほど安静の後日帰り可能。

 

臨床検査の結果について 

大阪のブレストピアなんば病院において、2004年4月~翌年2月までの臨床試験の結果が公表されています。

 

<臨床試験について>

 

◆ブレストピアなんば病院でのFUS臨床試験(2004年4月~翌年2月)

 

【対象】適応基準に合致し臨床試験への同意を得た乳がん女性患者28名

【試験内容】FUSを実施後、2週間以内に通常の乳房温存手術を行い(1名全摘)、切除腫瘍を顕微鏡で検査して病理学的な効果を判定する。

【結果】28対象症例のうち15症例で、切除腫瘍は100%壊死させることに成功。残り10症例で、95~97%壊死、3症例で95%未満の壊死となった。

 

⇒その後再発の報告は行われていない。 

 

最後に

 FUSの現在の問題としては、1)手術費用に関して、現在厚生労働省から保険の承認が行われておらず、臨床試験又は自由診療の形で実施されているため、高額(150万)であること。また治療効果が温存術などとの比較検証が行われておらず、又術後のデータも3年までしか存在しないため、再発リスクの評価が不十分である点などが指摘されています。今後、保険適用と時間をかけた検証によって治療法への確立化が望まれています。

 

 

 

切らずにガスで凍結?最新乳がん治療『非切除凍結療法』とは?

 

 

マイナス160℃で乳がんを凍結!『非切除凍結療法』とは? 

近年、乳がんの最新治療は、『メスを入れない治療方法』に注目が集まっています。がんを凍らせて破壊するという『非切除凍結療法』もその一つで、2006年から臨床試験が始まりました。がんを高圧のアルゴンガスでマイナス160℃に凍結させ、死滅させるという治療法で、傷も無いため日帰りの治療が可能となっています。以下では、『凍結療法』の詳細について見て行きたいと思います。

 

最新療法にはどのようなものがある?

 

メスを入れない治療方法としては、以下の3療法が注目を集めています。

 

◆ラジオ波焼灼療法(RFA)

◆凍結療法

◆MRガイド下集束超音波療法(FUS)

 

それぞれ、治療を受ける条件がありますが、ほぼ『温存術』の場合と同じですが、腫瘍の大きさに関してはRFAで『2cm』、FUSで『1.5cm』以内、凍結療法で『1cm以内』であり早期発見が条件となっています。現在では、マンモグラフィー検査で小さな早期がんの発見も可能となっているので、条件を満たす患者数も多くなってきていると言われています。

 

<加熱療法と、凍結療法どちらががんには有効か?>

急速に極度の低温状態にするほうが、加熱よりもより確実にがん細胞を破壊することが分かっているようです。癌細胞内の水分を凍結させることで体積が大きくなり、細胞膜を損傷させて破壊させます。また凍結後に解凍のためアイスボールを溶かしますが、これにより細胞内外の浸透圧バランスが崩れ、細胞外から内部へ水が流入し細胞膜が破裂し死滅します。

 

『凍結療法』のメリット・デメリットとは?

『凍結療法』のメリット・デメリットは以下になります。

 

<メリット>

1)メスを入れないので乳房に傷はつかず、体への負担が少ない。局所麻酔のみで、日帰りで治療を行うことができる。

2)凍結によって鎮痛作用がある。

3)凍結させている範囲が超音波画像で明確に確認でき、正確に凍結治療を行うことが可能。

 

<デメリット>

1)まだ臨床試験的に行っている治療であり、再発率・効果についてのデータが十分蓄積されているとはいえない。

2)治療費が健康保険では認められていないので、自費診療である。

 

治療の実際について

 凍結療法は、高圧のアルゴンガスとヘリウムガスを用いて、がん細胞を凍らせて破壊する治療です。がん細胞を凍結し、氷のかたまりをアイスボールを作ることで死滅させるというものです。

 

<治療の手順>

1)乳房に3mmの小さな切開(傷)をいれ、直径2.7mm、長さ11cmの細い針をがんの中心部に刺す。

 

2)針の内部にガスを送る極細のチューブが巻かれ、先端から凍結のための高圧ガス(アルゴンガス)を噴射させる。

 

3)凍らせる範囲(アイスボール)ががんから1.5cmのマージンを取るサイズとなるように(直径4cm以内)調整して噴射する。

 

4))約30分間がんをマイナス160度以下に冷却し続けるとがんの細胞膜が破壊され、がんが死滅する。

 

5)解凍のためのヘリウムガスに切り替え、アイスボールの解凍を行う。

 

⇒部分的な麻酔(局所麻酔)のみで、ほとんど傷や痛みもなく終わり、日帰りが可能となる。

 

最後に

 その後の経過については、ある病院の臨床試験が40人の乳がん患者の方を対象に行われたところ、5年後の再発率は0であったという報告があります。しかし、前述のように新しい治療法であるため長期的な経過観察のデータがないという点が患者にとっては不安要素であり、今後10年後の継続的な観察が必要と言われています。

 

 

リンパ節転移の有無を調べる『センチネル・リンパ節生検』とは?

がん細胞がリンパ管を通って流れ込む『リンパ節転移』は、乳がんを罹患した場合発症する可能性が高いと言えますが、転移の有無を調べる方法として『癌細胞が最初に流れ込むリンパ節を確認する』というものがあります。このリンパ節をセンチネル・リンパ節(見張りリンパ節)と言い、これを用いた検査法を『センチネル・リンパ節生検』と言います。

 

乳がんの際行われるリンパ節切除は、腋窩リンパ節郭清と言いますが『浮腫、リンパ液の貯留、わきの感覚の異常』といった後遺症が引き起こされる可能性があります。しかし、この検査法を用いれば、リンパ節郭清を行わずに済ませることが出来ます。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

『センチネル・リンパ節生検』の詳細について

 『センチネル・リンパ節生検』は、色素を注射し青く染まったリンパ節を調べる方法(色素法)と、アイソトープ(放射線同位元素:テクネシウム)を用いる方法があります。多くは2つを併用して行われます。アイソトープは、腫瘍の周囲の皮下に少量のテクネシウムを注射し、その集積(腋窩のリンパ節)を調べるというものです。リンパ節の一部を摘出し、病理検査に提出します(液体窒素で瞬間的に凍らせて固定したものを2mm間隔で細かく切って検査を行います)。転移があれば郭清し、転移がなければ郭清をせずに手術を終了します。

 

<センチネル・リンパ節生検の適応は?>

現在のところ、このセンチネル・リンパ節生検の適応は以下の通りです。

 

1)腫瘍が1個でありその大きさが3cmを超えないもの。

2)画像(エコー、レントゲン、CT、MRIなど)でリンパ節転移が疑われないもの。

3)脇の下近くに傷がない場合。

4)術前化学療法をうけた場合。

 

<センチネル・リンパ節生検の欠点デメリットとは?>

この方法を行ううえで、知っておくべきデメリットとして以下のものがあります。

 

1)手術中に、センチネル・リンパ節を確認(同定)できるのは約95%程度と言われている。

⇒熟練医師でも見つけられない場合がある。施設によって手技や使用する薬剤も異なる。高年齢では乳腺組織の少ない人や、診断のためにしこりを切除した人などでは発見される確率が下がる。

 

2)偽陰性になる可能性がある。

⇒転移がないと判定された中に、実際には転移があるものが含まれる可能性がある。目標ではないリンパ節に同定される可能性がある。

 

3)色素で、まれにアレルギー症状が出ることがある。

⇒数週間で、皮膚の色素跡が消える。

 

4)放射性同位元素は、わずかに被爆の可能性があるが、非常に微量なため、人体にはほとんど悪影響はないとされている。

 

<臨床試験の結果について>

 

センチネルリンパ節に少数の癌細胞(微小転移)のみが認められる乳癌女性では、腋窩リンパ節郭清を実施した患者の方が、実施しなかった患者に比べて副作用が多く発現する一方、無病生存期間には改善がみられないことが判明した。(Lancet Oncology March 11, 2012)

 

 最後に 

以上のように、センチネル・リンパ節生検は『腋窩リンパ節郭清』を受けずにリンパ転移の有無を知ることが出来るという意味においては非常に有用です。しかし、前述のように5%の例においては、転移があっても見過ごされる可能性もあり、その数字に関してどう判断するかは、主治医との十分な合いが必要になります。 

 (photoby:http://pixabay.com/ja/%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB-%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%95-%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2-259004/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳房に関する記事

ほくろが多いと乳がんになりやすい?○○がほくろを増やしてしまう…乳がんに関する真偽

ほくろの数が、病気の指標になるかもしれません。皮膚にできるほくろは日常的にそ...

乳房のセルフチェックは大切!乳腺症と乳腺嚢胞に注意して!痛みの対処法は?ホルモン療法や漢方薬などの薬物治療

乳房のセルフチェックはとても大切なことです。もし、自分自身の胸にしこりが見つ...


乳腺超音波検査!良性腫瘍と解った場合でもマンモグラフィーで検査を!乳腺症や乳腺炎とは

乳がん検査や定期検査で超音波検診・マンモグラフィーなどをおこなった結果、“乳...

カラダノートひろば

乳房の関連カテゴリ

乳房の記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る