カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 心筋梗塞 >
  5. 増えているって本当!?若年性心筋梗塞とその原因 1回の発作で死亡することも…!?

気になる病気・症状

増えているって本当!?若年性心筋梗塞とその原因 1回の発作で死亡することも…!?

最近では、40代、早ければ30代で心筋梗塞になってしまう場合もあるのです。若くしてなる心筋梗塞を若年性心筋梗塞と呼びます。

 

●基本は若年性でもその他でも同じ

若年性心筋梗塞も老人がかかる心筋梗塞も、基本的な症状という部分では違いがありません。すべて心筋梗塞の範疇に入りますので、心臓に栄養が行き渡らない状態という点では違いがないのです。

 

若年性とその他を分ける基準も特に定められているわけではないのですが、一般的には40代までに発症した心筋梗塞を若年性と扱うケースが多いです。

 

●ストレスとの関係性

若年性心筋梗塞の原因のひとつにストレスがあるのではないか、と言われています。

 

若年性心筋梗塞を起こしやすい30代、40代は仕事も充実してくるころ、そして家族を持って子育てなどにまい進するころでもあります。充実している生活はよいのですが、その一方で睡眠不足や仕事のプレッシャーなどストレスがかかりやすい状況でもあります。

 

人間はストレスを感じると血圧・血糖値が上昇しやすい他、コレステロール値も上がりやすいです。これにより血管内に血栓が出来て、血栓が血液の流れを止めることで心臓に栄養が行かなくなる心筋梗塞になる可能性もあります。

 

●早くから健康を重視して

若年性心筋梗塞を予防するには、やはり全体的な健康をしっかり考えるクセをつけるべきです。

 

30代ならまだまだ若いから大丈夫だろうと思わずに、食習慣や運動習慣の見直しを早いうちから始めた方が良いのです。そして、特にストレス管理は重要なポイントとなります。自分なりのストレス解消法を探してみましょう。

 

若年性心筋梗塞は、症状がほかの心筋梗塞と同じですので、1回の発作で死亡することもある恐ろしい病気です。

 

ストレス管理や健康増進に気を配るほか、定期的に血液検査をうけてコレステロール値を知るのも効果的な予防法となります。

(Photo by: [//pixabay.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心筋梗塞に関する記事

急性心筋梗塞発症後、起こる可能性が高い!心筋梗塞の合併症

心筋梗塞は、日本人の死因第2位である心臓病の中の一つです。心筋梗塞は、とても...

痛みのない心筋梗塞を早期発見するには?

心筋梗塞と言う病気をご存知ですか?日本人の死因の2位である心臓病の一つです。...


心筋梗塞の入院期間はどれくらいになるの?心筋梗塞で入院してからの流れを知ろう

  心筋梗塞は急激な胸の痛みとともに意識が遠のき、場合によっては死に至る病です...

心筋梗塞の痛みはどんな痛み?どこが痛む?知っておくべき心筋梗塞の前兆症状とは?

  胸のあたりが痛いときにはまず疑うのが心臓病です。とはいっても心臓病には狭心...

カラダノートひろば

心筋梗塞の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る