カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 心房細動 >
  5. 心房細動と脳梗塞をつなぐ血栓!なぜ心房細動で血栓が出来やすくなるの?

気になる病気・症状

心房細動と脳梗塞をつなぐ血栓!なぜ心房細動で血栓が出来やすくなるの?

心房細動とは不整脈の一種で、心筋梗塞のように死亡率の高い心疾患ではありません。とは言えどもすぐに息切れする、疲れやすいなどの症状が出るので日常生活への影響もあります。

 

そんな心房細動と脳梗塞、血栓の関係性を見てみましょう。

 

●血栓と心房細動

血栓と心房細動は、切っても切り離せない関係にあります。まず、心房細動を起こす大きな原因になっているのが、血栓です。

 

生活習慣の乱れが原因で血管内に血栓ができ、血管が詰まりやすい状態になったときに、心臓につながる冠動脈で詰まったとします。栄養が完全に行かなくなれば心筋梗塞に、栄養がたりないなら心房細動や心室細動になります。

 

その一方で、心房細動を引き起こしていると脈が正しく振れていません。そのせいで血液の流れが悪くなり、血栓が出来ることもあるのです。

 

心房細動では、血栓が出来る要因である血流異常、血液成分の変化、血管壁の異常という3つの要件を、すべて満たすケースが多いです。

 

●心房細動から脳梗塞へ

梗塞というのは脳で起きても心臓で起きても、臓器に栄養が行かなくなるせいで起きる病気です。

 

心房細動の症状があまり日常生活に影響を及ぼしていないからといって治療せずに放っておくと、体の中はどんどん血栓が出来やすくなります。そして脳の近くの血管にもしも血栓が詰まってしまったら、それはそのまま脳梗塞になる可能性を秘めているのです。

 

心房細動は血栓が原因となっていますし、心房細動が血栓を生み出すという悪循環も持っています。そしてそれが脳梗塞や心筋梗塞など、命に係わる病気につながることもあります。

 

その点を踏まえて、もしも心房細動が見つかったら、生活習慣の見直しも含めて早めに治療しておくことが重要と言えます。

(Photo by: [//pixabay.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

心房細動に関する記事

不整脈に注意!頻発の期外収縮は心房細動に変わる?

期外収縮や心房細動は不整脈の一つです。不整脈には、病気に由来するものと、そう...

心房細動の治療法「抗凝固療法」…その治療薬の副作用はどんなもの?

  不整脈の一種である心房細動で問題となるのは、血栓が出来やすい状態を作ること...


脳梗塞のサイン!心房細動を見逃さないで

  心房細動は、脳梗塞を引き起こす原因の一つとして、近年認識されるようにな...

心房細動とは一体どんな病気?

  胸の痛みや動悸、めまい等の症状はありませんか。 そんな時は心房細動が...

カラダノートひろば

心房細動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る