カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 食中毒 >
  5. 食中毒は食べ物だけではありません!意外と多い…飲み物で起きる食中毒とは

育児・子供の病気

食中毒は食べ物だけではありません!意外と多い…飲み物で起きる食中毒とは

 

ニュースで真夏日と言うワードをよく耳にする季節になってきました。

気温が高くなったり、梅雨時期ジメジメとした湿気などの条件が揃うと、起こる頻度が高くなる「食中毒」

通常、食中毒と聞くと、物を食べることによって起きがちと言ったイメージがあるかと思いますが、実は飲み物によって食中毒を発症してしまうケースは少なくありません。

 

食中毒って食べ物だけではなく、飲み物でも起きやすいの?

液体の中でも、菌は繁殖します。水も食物と同様に、腐ったり・傷んだりするのです。

開封してから時間が経過するにつれて、菌はどんどん繁殖して行きます。また、気温が高くなると菌の増殖は急激に進むので、注意が必要です。

特に、気温が30度前後になる夏場や、日光の当たる屋外・車の中は放置しないようにするなど気をつけましょう。

 

どんなことに気をつければ良いのでしょうか?

特にペットボトルに直接口をつけて飲んだり、パックの飲料をストローなどで飲むことによって、唾液や口の周りにいた大腸菌やカビ菌が、より多く飲み物のなかに入ります。

このような飲み方の場合は、コップに移して飲んだ時よりも、何倍もの菌が残りの飲み物の中に入ることになります。

またその場合に、菌が繁殖しやすい温度などの条件が加わると、大腸菌は20分後には約2倍にも増えるとも言われています。

 

開封後にすぐ飲みきれないと思ったら、コップなどに移し替えて飲み、残りは冷蔵庫などに保管し、賞味期限に関係なく、なるべく早く飲みきることが大切ですよう。

 

同じペットボトルの直飲みでも、お茶にはカテキンなどの殺菌成分が含まれているから、他の飲み物に比べて長持ちすると聞きましたが…

お茶の場合、ベビー用スポーツドリンクや乳酸菌が含まれる甘い飲み物に比べれば、多少の繁殖が少ないなどと差はあるようですが過信は禁物です。

また同じように、オレンジジュースやグレープフルーツなどの「酸味があるジュース」も傷みにくいと思われて居る方も多いようですが、それは間違いです。

開封後二日もすると、菌は倍以上に増えるようです。

 

いかがでしたでしょうか。 この時期だけに限らず、飲み物も食べ物と同様、開封後には出来るだけ早く消費してしまうことが大事なようですね。

 

(Photo by://www.irasutoya.com/2014/01/blog-post_5672.html)

著者: nakameeさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食中毒に関する記事

子どもが食中毒になったらどうすれば?重症化することもある食中毒!その対処方法

  まだ幼いお子さんが食中毒になると、心配ですよね。「なんだか変だな?」そう感...

細菌性胃腸炎を発症したら…自宅で出来るケアとは?食中毒でも油断は禁物!

子どもが腹痛や発熱で苦しそうにしているのは、親御さんとしてもつらいですよね。...

ホームケアの体験談

いきなりの下痢

混合育児をしていました。4ヶ月に入ったときにいきなり下痢が始まって戸惑いました。薬も飲んでくれなくて...

赤ちゃんの爪きり☆

動き回る赤ちゃんの爪きりは難しい! 寝ている間に切ろうとしても途中で起きてしまって四苦八苦。 現...

カラダノートひろば

食中毒の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る