カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 蓄膿症 >
  5. 症状は鼻だけじゃない!蓄膿症でひどい頭痛がするときのおすすめ対処法

気になる病気・症状

症状は鼻だけじゃない!蓄膿症でひどい頭痛がするときのおすすめ対処法

 

蓄膿症は鼻の奥に炎症と膿が出来る病気ですので、症状は鼻だけと思われがちですが、蓄膿症によって頭痛が起きるケースも少なくはありません。

 

●三叉神経の炎症につながる

鼻と頭は非常に近い場所にあり、鼻の炎症が広がるとまず行く場所として考えるのは口、目、頭などです。

実際に蓄膿症の炎症が三叉神経にまで広がるケースもあり、さらにひどいと脳に影響を及ぼして意識障害になることもあります。

三叉神経の炎症によって起きる蓄膿症由来の頭痛は、下を向くとひどくなる、眉間を軽くたたいただけで痛いなどの特徴を持っています。

 

●抗生剤の服用を

蓄膿症の治療をすでに開始しているのであれば、頭痛のことを医師に相談して抗生剤を服用するのが良いでしょう。

蓄膿症の原因となった菌が三叉神経で炎症を起こしているので、抗生剤によって菌を退治するのです。

鎮痛剤は対症療法になりますので、ものによっては鎮痛剤と併用するのもアリです。

 

●温める・冷やすは状況を見て

頭痛となると温める・冷やすの2択が思い起こされるところですが、三叉神経の炎症だけで痛んでいない場合もあります。

ズーンと重いような感じがする、普段から肩こりなどもあり、蓄膿症でさらに頭痛がひどくなったなら温めた方が有効です。

 

一方で下を向くとズキズキするような痛みがある、光などの刺激に弱いタイプであれば冷やした方が有効です。

どちらにしても最初は長時間温める・冷やすといったことはせずに、短時間やってみて様子を見るのがベストです。

 

蓄膿症の頭痛が起きた時には抗生剤などを処方してもらったうえで、短時間温める・冷やすことをして、体の様子を見てください。

その上で適切だと思う方で対処するのがおすすめです。

(Photo by:  //www.ashinari.com/2012/07/01-364374.php )

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

蓄膿症に関する記事

蓄膿症の治療は膿を取り出す!ヤミック療法と排膿洗浄…どうやって治療が行われるの?

  鼻の奥に膿が溜まって臭いを感じたり、鼻が詰まったような症状に悩まされるのが...

食べ物で蓄膿症を改善する

  蓄膿症は不快感がありますし、腫れがあると見た目にも影響します。 蓄膿症は...


連日続く頭痛!原因は蓄膿症かも?

    あまり関係がないように思われますが、実はかなりの割合で併発し...

その鼻づまりはただの風邪?!疑ったほうがいい蓄膿症

      みなさんも「蓄膿症」という病気をご存知だと思いますが、...

カラダノートひろば

蓄膿症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る