カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯並び >
  5. 子どもの歯並びが気になる!歯並びは遺伝しないが、「歯並びをつくる要素」は遺伝するかも!?

気になる病気・症状

子どもの歯並びが気になる!歯並びは遺伝しないが、「歯並びをつくる要素」は遺伝するかも!?

 

親御さんで子どもの歯並びに関心がある人は多いと思います。例えば父親か母親の歯並びが悪い場合や、兄弟で上の子の歯並びが悪い場合、下の子の歯並びも悪くなるのではと気になってしまいます。

 

歯並びの遺伝が気になる!

上記のように親や上の子の歯並びが悪いと、次に生まれてくる子の歯並びの悪くなるのではないかと思えてしまいます。つまり歯並びの遺伝が気になるということです。では歯並びは遺伝するものなのでしょうか。

 

歯並びは関係性の中で出来あがるもの

歯の並び方というのは、その「並び方自体」が遺伝するものではありません

歯並びというのは、その子の歯がどのように生えてくるのか、あごの形がどのように歯の生え方に影響するのかといった、総合的な面から決められますですからお母さんとお父さんの歯並びがよくても、受け継いだ歯の大きさやあごの大きさによっては、子どもの歯並びが悪くなることもあります。

 

受け継ぐのは歯並びを構成する要素、並び方は遺伝しない

例えばお父さんの歯が大きく、お母さんのあごが小さい場合にそれを受け継ぐと、両親自身の歯並びがきれいでも、子どもの歯並びは悪くなる可能性があるのです。

ですが、全く関係ないということではなく、例えば両親ともに歯が大きく、あごが小さいために歯並びが悪くなっている場合、子どもも両親の「歯の大きさ」「あごの小ささ」という特徴を継いで歯並びが悪くなる可能性は大きいです。

 

遺伝はどう受け継がれるか分からないから、早めの矯正が正解

歯やあごの特徴から歯並びが悪くなってしまうのであれば、それは仕方のないこと、避けようのないことです。そのため、気になる場合は出来るだけ早期の、顔の骨や歯の並びが固定されていない段階で、矯正を行うことで解消できます

 

 

実際に、親御さんは虫歯に対する知識はある程度ありますが、歯並びについては分からないことが多く、不安に思っている親御さんが多いようです。ですが、受け継ぐ構造ばかりはどうしようもありません。生活習慣で気をつけられることは気を付けて、それでもだめなら矯正を受ける選択肢を考えてあげましょう。

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E3%81%8A%E6%AF%8D%E3%81%95%E3%82%93-%E7%99%BD%E4%BA%BA-%E5%AD%90-%E5%A8%98-%E5%AE%B6%E6%97%8F-%E7%88%B6-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97-20666/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

歯並びに関する記事

歯並びが悪いと口の中を噛む?

  食事の途中で、よく口の中を噛んでしまうあるいはよく口の中を噛むようになった...

口の中の変化によって口の中を噛むようになる!?

  食事をしているときに食べ物を噛んだつもりが自分の内頬の肉を噛んでしまう経験...


悪い歯並びを治すポイントは?不正咬合の検査について

  歯並びが悪い状態のことを不正咬合と言います。不正咬合はそのままにしておくと...

「歯並びの悪さ」の種類について

  歯並びの悪さから、それを矯正して治そうとする人も多いと思います。しかしひと...

カラダノートひろば

歯並びの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る