カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯並び >
  5. 遺伝よりも影響が大きい!?歯並びに影響する子どもの生活習慣ってなに?

気になる病気・症状

遺伝よりも影響が大きい!?歯並びに影響する子どもの生活習慣ってなに?

 

親御さんの歯並びが悪くて子どもの歯並びも悪いと、「歯並びは遺伝するもの」と考えてしまいがちです。確かに歯並びを構成する要素(歯の大きさやあごの大きさなど)は遺伝によって決定されますが、必ずしも並び方が親と同じになるということはありません。

 

遺伝よりも大きい影響のある生活習慣

子どもの歯並びを決定づけるのは、小さいときの生活習慣も大きな要素になっているということが分かっています。では歯並びを悪くする子どもの生活習慣というのには、何があるのでしょうか。

 

指しゃぶり

指しゃぶりは、赤ちゃんがお腹の中にいるときからしている行動ですから、それ自体が悪いものではありません。しかし小さい頃に行う分にはよいのですが、2歳半~3歳くらいまでにやめられなかった場合、歯に影響が出てくることがあります具体的には、

前歯が出る

上下の前歯の間に隙間ができる

モノを飲み込むときに舌が前に出る

噛みあわせが横にずれる

指しゃぶりは左右どちらかの指だけをしゃぶるため、左右のアンバランスにつながってしまうこともよくありません。

 

舌のクセ

ときどき、口の中で舌を使って前歯を押したり舌を出すクセがある子がいます。それが継続的に続けられると、歯並びに影響が出ます。具体的には

前歯が出る

噛みあわせが悪くなる

上下の前歯の間に隙間ができる

などの歯並びの悪さが出てきます。

 

乳歯の虫歯

生活習慣というわけではありませんが、乳歯のときの虫歯にも注意が必要です。乳歯が虫歯になったためにはやい時期に抜いてしまうと、それが歯並びを悪くする要因になることがあると言います。また虫歯が片側にあることで、そちらの歯で食べ物を噛みたがらず左右のズレが生じてしまうことがあります。

虫歯にならないための予防とともに、虫歯になった際にはしっかり歯科医と相談する必要があります。

 

 

こうした悪い歯並びに悪影響の生活習慣は、親御さんが気づいてあげる必要があります。悪い要因に気づいてあげられれば、遺伝と違って改善することができるのが生活習慣ですから、今一度お子さんのクセを見直してみてください。

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E6%AD%AF-%E5%8F%A3-%E8%88%8C-%E5%94%87-%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%84%E3%81%84-%E9%A0%AD-%E7%94%98%E3%81%84-%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%82%B0-%E7%94%B7%E6%80%A7-%E9%A0%AC-209860/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯並びに関する記事

口の中を噛んでしまうのは歯並びだけでなく、顎にも原因がある?

  せっかくの美味しい食事も、一度口の中をガリッと噛んでしまうと台無しにな...

子どもの歯並びへの影響は!?「おしゃぶり」は歯並びを悪くする?歯並びの悪さを予防する?

  子どもの育て方というのは人によって「いい」としているものが違います。人によ...


歯ぎしりの原因となる歯並び、食いしばり癖&病院での治療法

  歯ぎしりの一般的な原因はストレスと言われています。ストレスを抱えやすか...

お子さんの指しゃぶり、「歯並びが悪くなるからやめなさい」ウソ?ホント?

子供が指しゃぶりをしていると『やめなさい』と言ってしまうという方も多いと思い...

カラダノートひろば

歯並びの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る