カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. アロマ >
  5. コーヒーとタマネギに快眠効果がある!?眠りを誘う香りについて

不眠・睡眠障害

コーヒーとタマネギに快眠効果がある!?眠りを誘う香りについて

283880l.jpg
 
アロマテラピーなど、香りには人の心理状態を変える作用がありますね。
眠る前に気持ちを落ち着け、心地よい眠りに誘ってくれる香りをご存知ですか?
ラベンダーやセドロール(樹木の香り)などの基本的な香りはご存知ですよね。
 
今回はちょっと意外な快眠効果のあるものをご紹介します。
 
 

■眠気覚ましの定番、コーヒーに快眠効果!?

 
 
コーヒーといえば眠気覚ましの定番です。
ですが、コーヒーも香りだけなら眠る前にも役立つことをご存知でしょうか。
 
コーヒーの香りをかぐと、気持ちが落ち着くことがあると思います。
このときの脳波を調べると、リラクセーションの指標であるアルファ波が多く出ていることが分かったのです。
 
コーヒーの種類にこだわるなら、グアテマラやブルーマウンテンの香りがアルファ波を増やすと言われています。
気持ちが落ち着くと眠りやすくなるので、これらは夜向きのコーヒーといえるでしょう。
 
一方、マンデリンやハワイコナの香りはアルファ波を減らす作用があります。
こちらは緊張感を高めてくれるので、朝にお勧めのコーヒーです。
 
コーヒー好きの人も夜は、挽いた豆の香りだけで我慢しましょう!
 
 

■タマネギにも催眠効果!?

 
玉ねぎの独特な刺激臭や辛みのもととは、「硫化アリル」という物質です。
 
硫化アリルには、はストレスを緩和し、気持ちを穏やかにする働きがあり、安眠に絶大な効果があります。
ネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウなどにも同じ物質が含まれています。
 
また、たまねぎには「グルコキニン」という成分が多く含まれており、この「グルコキニン」が神経を鎮め、血糖値を下げてくれます。
冷え性による不眠症にもたまねぎは効果的なのです。
 
食べても、食べずに置いておくだけでも安眠効果があります。
食べるなら、熱処理など一切せず、生のまま食べる方が効果的といわれています。
 
それは実験でも証明されています。
日本睡眠学会に所属している坪田 聡氏が協力したテレビ番組の実験では、いつもは昼寝をしない幼稚園児に玉ねぎの匂いをかがせて、眠るかどうかを調べたそうです。
匂いのない部屋で昼寝をさせようとしたグループは眠りませんでしたが、刻んだ玉ねぎをおいた部屋では、ほとんどの子どもが自然と昼寝したそうです。
 
ただし、匂いが強すぎると逆効果です。
大人を対象に行った実験では、玉ねぎの匂いに気づいた人は寝つきが良くなりませんでした。
 
枕元に置くなら、皮をむいて刻んで、においが気にならないくらいの量を置いて下さい。
匂いがするかしないかぐらいの少量を、寝床の近くに置いておくとよく眠れるようですよ。
 
刺激を感じない程度の匂いが効果的です。ぜひ試してみてください。
 
(photo by //news.nicovideo.jp/watch/nw379776 )

著者: ryoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アロマに関する記事

フラワーエッセンスで安眠・快眠!フラワーエッセンスの使用法と効果

私が一番体調がすぐれないときにお世話になったのがフラワーエッセンスです。 夜寝...

不眠症・睡眠障害の代替療法の利用率は?代替医療は本当に効くの?

  不眠症・睡眠障害に悩んでいる方の中には代替療法を用いて治療に当たってい...


アロマの美容と健康効果!アロマオイルの色々な使い方について

眠りによいとされるアロマは・・・ トゥルーラベンダー:安眠効果のある代表的なア...

寝酒は中途覚醒を促すのでNG?『不眠症』に最も有効な精油(アロマセラピー)とは?

規則的な生活習慣を送っているにも関わらず慢性的な『不眠症』である場合、近年、薬...

カラダノートひろば

アロマの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る