カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. アレルギー(免疫異常) >
  5. 花粉症 >
  6. もう梅雨に入るのにまだ子どもに花粉症の症状が…もしかして草木花粉症?

育児・子供の病気

もう梅雨に入るのにまだ子どもに花粉症の症状が…もしかして草木花粉症?

スギやヒノキのシーズン終わり梅雨目前なのに、まだお子さんに花粉症の症状が続いていて、『おや?今年は飛散時期が長いのかな?』と思っていらっしゃるお母さんはいらっしゃいませんか?

 

スギ・ヒノキのシーズンが終わったのに、鼻水やクシャミ・目を痒がるなどの症状が見られる場合、草木花粉症も少し疑ったほうがよいかもしれません。

 

年々増加中の花粉症

花粉症と言うと、2月頃からゴールデン過ぎ頃までのスギ花粉や、その後に続くヒノキ花粉が一番の代表格とも言えます。近年、花粉症の発症が低年齢化してきていることもあり、お子さんがスギやヒノキの花粉症があると診断された方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

草木花粉症とは?

草木花粉症とは、初夏から秋頃の期間に発症しやすい花粉症の種類で、お子さんでも発症する可能性は否定できません。

 

どんな植物が原因になっているの?

主にあげられるものでは、イネ科の植物や・キク科の植物です。

 

イネ科の植物の仲間

カモガヤ、ハルガヤ、ムギ、イネ、アシ、ススキ、ネズミホソムギ、ネズミムギ、ホソムギ、オニウシノケグサ、スズメノカタビラ、スズメノテッポウ

5月から8月頃が多いです。

 

キク科の植物の仲間

ブタクサ、ヨモギ、オオブタクサ

8月から10月頃が多いです。

 

どのような症状がみられるか

基本的には、スギ・ヒノキなどと同じような症状がみられことが多いです。ただし、イネ科に強いアレルギー症状を示す場合、まれにアナフィラキシー症状を起こすケースもあるので注意が必要です。喘息のような症状が出ることもあるでしょう。

 

治療方法

他のアレルギー疾患と同様の治療が中心となります。草木花粉症が疑われる場合には、小児科やアレルギー科などの専門医を受診し、検査や診断を受けましょう。抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤、症状に応じて点眼薬や点鼻薬が処方されます。

 

強く症状が出た時にはステロイドが使用される場合もあるでしょう。基本的にはお薬による治療が中心となりますが、ブタクサやカモガヤなどが多く生えている川沿いや田んぼなどには、あまり近づかないようにするなど注意することも気をつけるポイントのひとつですね。 

(Photo by://www.irasutoya.com/)

著者: nakameeさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

花粉症に関する記事

その鼻水、花粉症が原因かも!?子どもの花粉症の特徴とは

春先や秋には、花粉症に悩まされる人が多いですよね。大人だけでなく、子どもも花...

大人と同じように子供も秋には花粉症になる可能性がある!注意点と風邪との見分け方

秋の花粉症の原因はカナムグラ、ブタクサ、アワダチソウなどがあり、春ほどではな...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

花粉症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る