カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. その他 >
  4. 脱毛・抜け毛 >
  5. 数多くある脱毛症の種類を徹底解説!自分の脱毛症の種類を知ってそれに合わせた治療を行おう

気になる病気・症状

数多くある脱毛症の種類を徹底解説!自分の脱毛症の種類を知ってそれに合わせた治療を行おう

 

脱毛症は頭から髪が抜けてしまう症状のことで、脱毛する部位は円形のこともあれば後退することも、そしてすべての毛が抜け落ちることもあります。

ここでは、数多くある脱毛症の種類を解説します。

 

●男性型脱毛症

女性よりも男性の方が脱毛症の人が多い、というイメージがある方もいるかもしれませんが、男性は加齢とともに男性型脱毛症になる方が多いです。

前頭部、頭頂部の毛が少なくなってくるのですが、特に病的というわけではないので美容外科範囲の手術となります。

なお、女性なら絶対に男性型脱毛症にかからないというわけではありません。

 

●円形脱毛症

円形脱毛症は名前の通り円形に脱毛するのが特徴で、女性や小さな子供にも見られる病気です。

とても小さな円形脱毛症部位もあれば、500円玉を超えるくらい大きな円形脱毛症部位もあります。

 

●分娩後脱毛症

こちらは女性特有の脱毛症で、妊娠中から出産後にかけてホルモンの変化が起きるため脱毛すると考えられています。

出産後半年くらいまでは、分娩後脱毛症の可能性があると考えてください。

 

●老人性脱毛症

男女に関係なく、60歳以上の方に見られるのが老人性脱毛症です。男性の場合は、男性型脱毛症と並行して老人性脱毛症になる方もいます。

頭頂部や生え際ではなく頭部全体、そして体毛も含む体全体の毛が抜けてくるのが特徴です。

 

●びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、髪の毛全体が薄くなるという点では老人性脱毛症に近いですが、早ければ30代くらいから起きうる脱毛症である点が異なります。

男性よりも女性に多く、ストレスや栄養不足などでびまん性脱毛症を引き起こしやすくなります。

 

脱毛症には上記で紹介したもの以外にも牽引性脱毛症、粃糠性脱毛症など種類があります。

自分の脱毛症の種類を知って、それに合わせた治療を行うことが重要です。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2014/01/18/19/23/bodyguard-247682_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脱毛・抜け毛に関する記事

抜け毛は病気や体調不良のサイン!?脱毛症の種類を知ろう

    抜け毛、といってもただ単に毛が抜け落ちるということだけではすまさ...

ストレスが原因ではなく、自己免疫疾患から発症する『円形脱毛症』とは?

ストレスが原因ではなく、自己免疫疾患から発症する『円形脱毛症』とは? 『円形脱...


秋になって薄毛になってる?!気になる秋の抜け毛の解消には○○がおすすめ!

秋になると急に抜け毛が増えたような気がする、という方も多いかもしれません。 こ...

自己免疫疾患型の円形脱毛は「酪酸」で抑えられる?HDC阻害剤としての「ミヤリサン」

円形脱毛症は、主にストレスに起因して起こる自己免疫疾患・アレルギー性疾患と考...

カラダノートひろば

脱毛・抜け毛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る