カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. メニエール >
  5. メニエール病で仕事が出来ない…会社にメニエール病を理解してもらうには?

気になる病気・症状

メニエール病で仕事が出来ない…会社にメニエール病を理解してもらうには?

メニエール病の患者は全国に数万人いると言われており、非常に珍しい病気というわけではありません。ですがメニエール病という名前は知っていても、その内情や必要な手助けなどは知らない、という方も多いかもしれません。

 

会社での仕事とメニエール病について、そしてメニエール病を社内で理解してもらうための方法を見ていきます。

 

●仕事を中断せざるを得ないことも

メニエール病で発作が出た時には、いったんすべての仕事を中止して安静にすることが望まれます。発作が起きて2-3日は会社を休まなければいけないケースがあることが、メニエール病患者にとっての大きな問題となるでしょう。

 

また、ポイントとしては『発作が起きなければ通常通り仕事が出来る』という点です。いつ発作が起きるかわからないので、いつ仕事を休むかわからないということにもなります。

 

●周囲への理解を求めるには

もしも会社に産業医や産業カウンセラーがいるなら、その方たちにも口添えしてもらって上司や職場の仲間にメニエール病を理解してもらうことがお勧めです。特に注目したいのは、以下のポイントです。

 

・発作が起きたときは安静にするべき病気だが、普段は仕事をしても大丈夫

・ずっと発作が出続ける病気ではないし、発作が出るタイミングは予測できない

・医師の診断書なども提出する

 

理解を求める順番としては、以下になります。

1.産業医や産業カウンセラー(いれば)

2.直属の上司

3.同じ部署の仲間

  

メニエール病の方は、そうでない方に比べると働きにくさがあるのは事実です。ですが、休んでいれば絶対に良くなる病気というわけでもないので、働く意欲があるなら働いた方が良いです。

 

場合によっては、職場復帰の最初は週に2-3回の出勤でもよいです。例外的にバス・タクシーの運転手や舵手などは、安全のために転職しなければなりません。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

メニエールに関する記事

メニエール病の検査って何をするの?入院の必要性はある?

  メニエール病を診断するためにはめまいの検査、平衡感覚の検査等があります。 ...

過労やストレスが原因!? メニエール病

    メニエール病とは はっきりとした原因は未だ解明されていませんが、様々な原...


メニエール病とのお付き合い

  急に立っていられないほどのめまいが起こる、メニエール病。 原因は耳の...

メニエール病の減塩治療

数十分から数時間にも及ぶ、めまいの続くメニエール病。 ストレスなどが関係してい...

カラダノートひろば

メニエールの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る