カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. その他 >
  6. 重度のうつ病治療に有効な「けいれん(無けいれん)ECT治療」とは?

メンタル

重度のうつ病治療に有効な「けいれん(無けいれん)ECT治療」とは?


うつ病の治療といえば服薬やカウンセリングが一般的ですが、頭に電気を流すという治療も存在します。それが電気けいれん療法(ECT)、及び無けいれん療法です。「電気ショック療法」とも呼ばれています。名前の印象からはとてもショッキングな治療のようなイメージを受けますが、古くからあり欧米では比較的よく用いられるうつ病の治療方法です。

 

 

◼︎電気けいれん、無けいれん療法とは

 

頭に電極を取り付け電流を流し、てんかん発作のようなけいれん発作を人工的に起こさせるというものです。脳のうつ病に関わる部分に電気を流し刺激を与えることで症状が改善されるという仕組みです。電気けいれん療法は筋肉なども強く収縮しけいれんを起こさせますが、無けいれんでは麻酔などを使用して他の部位にけいれんを起こさせないという方法です。無けいれんのほうが適用できる患者さんも多く安全なものであるとされています。


◼︎緊急度の高い時や重度の場合に用いられる

 

各国で古くから行われているECT治療ですが、精神病患者に対して懲罰的な意味合いで使用されていたという過去があり、患者に不安や恐怖を与えたり、安全性や副作用などの問題もあり日本では一時頻繁に行われることはなくなっていきました。しかしある種のうつ病には効果が高く、即効性も比較的高いため、薬では効果がない場合、起き上がることもできない重度の場合や自殺願望が強く緊急度が高い場合に用いられることがあります。

 


怖い、危険だというイメージもある治療方法ですが、現在では技術の進歩によりはるかに安全性の高いものになっているようです。最近では似たものとして、磁気を頭に流して治療するという「経頭蓋磁気刺激治療(TMS)」というものも使用されています。体への負担が少なくて済むようです。薬に頼らない治療法も登場してきているようですので、その効果と普及に期待したいところですね。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/12/17-354883.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

あせらず地道に克服しよう

  治療に焦りは禁物。 なかなかすぐに成果が表れなかったり、症状が悪化してし...

うつ病になってしまったかもしれない…うつ病において実施される治療方法とは?

   うつ病は、現代社会ではだれがなってもおかしくない病気です。うつ病の治療方法...


グループの特性を利用した精神療法「集団精神療法」はどのように行われるの?その方法とは

認知行動療法や対人関係療法もグループで行われますが、この療法はグループの特性...

自分を癒すにはまず人を癒すことが大切!共感脳でうつ病対策

    ■人は他人の気持ちを共感できる機能を持っています。それによって相...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る