カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 生鮮食品 >
  5. 食の安全についてきちんと知っていますか?平成21年に改正されたJAS法について

健康診断・健康管理

食の安全についてきちんと知っていますか?平成21年に改正されたJAS法について

 

JAS法とは「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」の略称です。普段気にせず生活していると、食の安全についてのものでも法律に関しては忘れがちです。今回は簡単なJAS法の説明と平成21年に改正された部分について紹介します。

 

 

JAS法の簡単な説明

 

JAS法は消費者の食の安全を守るために制定された法律です。食の安全を守るためJAS法において、表示が義務付けられているものは以下になります。

 

生成食品

 

・農産物と包装されていない水産物・畜産物に表示されるもの

「名称」「原産地」「解凍かどうか(水産物のみ)」「養殖かどうか(水産物のみ)

 

・包装された水産物・畜産物に表示されるもの

「名称」「原産地」「解凍かどうか(水産物のみ)」「養殖かどうか(水産物のみ)」「消費期限」「保存方法」「内容量」「個体識別番号(牛肉のみ)」「生食かどうか(魚介類のみ)」「販売者の氏名または名称および住所」

 

加工食品

「名称」「原材料(原材料、食品添加物、アレルギー表示、遺伝子組換え表示、原料原産地)」「消費期限又は賞味期限」「保存方法」「内容量」「原産国表示(輸入の場合のみ)」「製造者の氏名または名称および住所」

 

また、安全を確認するために「業者間においての取引」についても表示されています。

 

なぜ平成21年に改正されたのか?

 

平成21年に改正された部分において、最初の方に「最近の飲食料品の原産地等についての悪質な偽装表示事件が多数発生している状況にかんがみ、原産地について虚偽の表示をした飲食料品を販売した者に対する罰則を設ける等の措置を講ずる。」と表記されています。小難しく書いていますが、簡単に言えば消費者を守るために偽装表示した販売者に対して罰則が作られました。改正された部分は以下になります。

 

・目的規定の改正(第1条)

法律の目的として、農林物資の生産及び流通の円滑化、消費者の需要に即した農業生産等の振興並びに消費者の利益の保護を明示する。

 

・品質表示基準の遵守に関する規定の新設(第19条の13の2)

直罰規定の導入に伴い、製造業者等が品質表示基準に従い、農林物資の品質表示をしなければならない旨を明文化する。

 

・品質表示基準違反に係る公表に関する規定の新設(第19条の14の2)

品質表示基準違反に係る指示又は命令が行われるときは、これと併せてその旨の公表を行う規定を設ける。

 

・原産地について虚偽の表示をした飲食料品を販売した者に対する罰則規定の新設(第23条の2)

品質表示基準において表示すべきこととされている原産地(原料又は材料の原産地を含む。)について虚偽の表示をした飲食料品を販売した者は、2年以下の懲役又は200万円以下の罰金、法人は1億円以下の罰金に処するものとする。

 

 

このようにJAS法において時代の発展にあわせ食の安全は守られています。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/11/14-352860.php?category=254)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

生鮮食品に関する記事

実は増えてる、出回っている!遺伝子組み換えの生鮮食品の表示方法と見方

  農業の技術のひとつが遺伝子組み換えです。1990年代後半からは世間にも広く...

有機農産物と特別栽培農産物の違いとは?~食の安全について~

  近年、農薬散布を減らした農産物の人気が高まっています。農薬散布を減らし...


カット野菜は生鮮食品!?野菜サラダは?生鮮食品の基準を知ろう

  生鮮食品というと新鮮な野菜や魚などを思い浮かべる方が多いのではないでしょう...

出来るだけ早めに食べた方がよい?果物ごとの保存方法についてその2

   果物はものによってかなり保存方法が異なります。今回は農林水産省のホームペー...

カラダノートひろば

生鮮食品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る