カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 生鮮食品 >
  5. 有機農産物と特別栽培農産物の違いとは?~食の安全について~

健康診断・健康管理

有機農産物と特別栽培農産物の違いとは?~食の安全について~

 

近年、農薬散布を減らした農産物の人気が高まっています。農薬散布を減らした農産物の中に「有機農産物」と「特別栽培農産物」があります。この2つの違いは何なのかを今回はご紹介します。  

 

有機農産物とは

 

有機農産物とはJAS規格(日本農林規格)に従って生産された農産物です。有機農産物の表示をできる生産者や生産団体は、農林水産大臣が認めた人や団体だけとなります。認定基準は以下の3点となります。

 

種まきや植え付けの2年以上前から禁止された化学合成肥料や化学農薬を使用されていない圃場で栽培し、かつ栽培期間中も禁止された化学合成肥料や化学農薬を使用しない。

 

遺伝子組換え種子は使えません。原則的に有機栽培された種子や苗を使用します。

 

・圃場の周辺から禁止された化学合成肥料や化学農薬が飛来したり流入したりしない環境であること。

 

有機農産物は特別栽培農産物より厳しい認定基準となっています。

 

特別栽培農産物とは

 

節減対象農薬や化学肥料を5割以上減らして栽培された農産物のことです。農林水産省の「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に基づき、生産者や地方自治体などが独自の認証制度を設けて取り組んでいます。このガイドラインの表示規定では農薬を栽培期間中使用していない農産物には「栽培期間中農薬不使用」と表示することができる、農薬使用量を減らした農産物に「当地比○割減」と減らした割合を表示することができます(義務でもあります)

 

また、使用した農薬の一般名、用途、使用回数を表示しなければいけません。そして、「無農薬」「無化学肥料」「減農薬減化学肥料」などの誤解を与えやすい表示は禁止となっています。

 

 

化学農薬や化学肥料を減らした農産物は、このような表示がされている場合が多いです。見分ける目安としてお使いください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/11/14-352860.php?category=254)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生鮮食品に関する記事

0.01ppm以上で販売禁止!生鮮食品の残留農薬!ポジティブリスト制度について

  食の世界は常に新しい研究が行われ、それに合わせて制度もどんどん変化していま...

生食できる肉はない?!牛レバーや豚レバー、知っておきたい危険な生鮮食品(肉)まとめ

  2011年に大々的なニュースとなったのが生肉の食中毒事件です。この食中毒事...


有機栽培、無農薬栽培・減農薬栽培…本当に体に良いの?安全な食材とは…

  お米や野菜のパッケージによくある「有機栽培○○」や「無農薬○○」といっ...

嘔吐や下痢…厚労省発表のクドア属による生鮮食品有症事例への対応策とは?

  2009年から2011年までに全国で200件ほど確認された生鮮食品の有症事...

カラダノートひろば

生鮮食品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る