カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 運動療法 >
  5. メタボリックシンドロームを解消するためにはどのくらい運動すれば良いの?

生活習慣病

メタボリックシンドロームを解消するためにはどのくらい運動すれば良いの?

 

メタボリックシンドロームを防ぐには内臓脂肪を減らすことが重要となります。内臓脂肪を減らすためには食生活の改善することはもちろんですが、運動も大切となってきます。この運動が必要であると言うのはみなさんもよく知っていると思いますが、メタボリックシンドロームを解消するためにどのくらいの運動すれば良いかをはっきりと知っている人は少ないと思います。そのため、今回はメタボリックシンドロームを解消するためにどのくらいの運動を行なうべきか紹介します。

 

メタボリックシンドロームを解消するための1週間あたりの運動目安

 

運動の強度と行う時間を合わせた値を「エクササイズ」と言います。メタボリックシンドロームを解消するには1週間に10エクササイズの運動を必要とします。1エクササイズに相当する運動と運動時間について以下に記します。

 

・ボーリング:20

 

軽いウェートトレーニング:20

 

フリスビー:20

 

バレーボール:20

 

軽・中程度の体操(ラジオ体操など)18

 

やや速歩(平地で94m/)16

 

速歩(平地で95100m/)15

 

水中運動:15

 

卓球:15

 

太極拳:15

 

バトミントン:13

 

バレエ、モダン、ツイスト、タップなどのダンス:13

 

かなり速歩(平地で107m/)12

 

野球:12

 

ソフトボール:12

 

強度のウェートトレーニング:10

 

ジャズダンス:10

 

バスケットボール:10

 

ゆっくりしたスイミング:10

 

エアロビクス:9

 

ジョギング:9

 

サッカー:9

 

テニス:9

 

スケート:9

 

スキー:9

 

サイクリング(平地で20km/)8

 

ランニング(平地で134m/)8

 

クロールやバタフライなどの水泳:5

 

これらの運動をする際は1回に1エクササイズに相当する時間以上行う場合がほとんどのため、週に12回運動する週間があれば必要な運動量が確保できていると考えられます。

 

 

メタボリックシンドロームを解消するために上記を目安として運動を行うようにしてください。体重が重くて運動の際に膝に負担がかかる場合は、水中で行う運動をおすすめします。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2009/07/21-024566.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動療法に関する記事

お役立ちアイテムでメタボの運動療法を後押し!

  ウォーキングや筋力トレーニングで肥満解消を目指す運動療法は、地道に続け...

本気のメタボ対策をするなら○○!ジョギングじゃつくれない、痩せやすいカラダを作るには

   健康のために行う運動で、ミトコンドリアの働きが大きく関係しているという考え...


運動が苦手でも大丈夫!ちょっとの運動でOKな"SIT"…全力疾走を30秒→5分休むだけ!

   メタボ対策と今までの生活習慣というのは、なかなか相容れないことがあります。...

その運動は間違っていた!息切れする有酸素運動…運動のやりだめは肥満解消にNG!

  健康のために肥満を解消しようとして、運動を始めるのはとても健康的で良いと思...

カラダノートひろば

運動療法の関連カテゴリ

運動療法の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る