カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 感音性難聴 >
  5. 放っておくと完治が難しいことも…感音性難聴を伴う病気にはどんなものがあるの?

気になる病気・症状

放っておくと完治が難しいことも…感音性難聴を伴う病気にはどんなものがあるの?

 

感音性難聴は音を聞き取る部分に問題があるのではなく、音をとらえる部分に問題があります。

耳から音が入ってきたとして、それは脳で変換されて最終的に音として感じ取れます。

感音性難聴の場合は耳が電気信号になるとき、そして電気信号をとらえる脳の方の問題と考えてください。

 

●場所で分かれる2種類の感音性難聴

感音性難聴の分類は、問題が引き起こされている場所で分けると2種類となります。

まずは、耳が外側から持ってきた音を電気信号にして脳に伝える部分に問題がある場合は内耳性難聴です。

内耳性難聴の内耳は耳の最も奥、脳に非常に近い部分のことを指しています。

そして、もうひとつが耳の神経から脳に至るデータ受け渡しが上手くいかない場合で、これは後迷路性難聴と呼びます。内耳よりももっと、脳の方によっている部分です。

 

●内耳性難聴に分類される病気

脳ではなく、耳の一番奥である内耳に問題があるタイプの感音性難聴を伴う病気は、非常に多いです。

以下に、一例を挙げます。

・突発性難聴

・そう音性難聴

・老人性難聴

 

●後迷路性難聴に分類される病気

後迷路性難聴は、内耳性難聴よりも発症頻度が低いと言われています。そんな後迷路性難聴に分類される・原因となる病気を紹介します。

・聴神経腫瘍

・血管障害

・脳腫瘍

・神経系の障害

腫瘍性の病気にかかっている場合には、腫瘍を取り除く手術が必要なケースもあります。

 

感音性難聴はまず内耳性難聴、後迷路性難聴の2種類に分かれ、そこからさらに細かく分類していきます。

いずれにしても感音性難聴にかかってしまうと、そしてかかってからしばらく放っておくと完治が難しいです。

声が聞こえにくいことから意思の疎通が難しくなるなどの問題も、感音性難聴患者が抱える悩みです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2014/05/02/18/46/girl-336234_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感音性難聴に関する記事

感音性難聴と伝音性難聴は何が違うの?

  耳が聞こえにくくなることを難聴といいますが、難聴の原因や難聴を症状として持...

感音性難聴を見つけるための主要な3つの検査を知ろう

  感音性難聴とは聴覚障害の一種で、耳のより奥にある内耳や聴覚中枢までの部位に...


感音性難聴とは一体何?

そもそも難聴とは、聞こえないというよりは、聞こえづらいといったほうがいいと思...

子どもの感音性難聴に要注意!

   そもそも感音性難聴は何でしょう? 聞こえないというよりは、聞こえづ...

カラダノートひろば

感音性難聴の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る