カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 基礎知識 >
  5. 基準 >
  6. 脳卒中や心臓病の原因になるメタボリックシンドロームの基準とは何?

生活習慣病

脳卒中や心臓病の原因になるメタボリックシンドロームの基準とは何?

 

メタボリックシンドロームは生活習慣病の入り口です。また、メタボリックシンドロームは、日本人においての三大死因の2位の心疾患と3位の脳梗塞に影響を及ぼします。現在メタボリックシンドロームという言葉は有名となりましたが、診断基準を知らない人は意外に多くいると思います。今回は、メタボリックシンドロームの診断基準についてご紹介します。

 

メタボリックシンドロームの診断基準

 

メタボリックシンドロームと判断されるのは内蔵型肥満を起こしていることに合わせて「中性脂肪が多い・HDLコレステロールが少ない」「血圧が高め」「血糖値が高め」の3つのうち2つが当てはまる場合です 内蔵型肥満を起こしているかどうかの判断基準は、腹囲を測定し男性の場合85cm以上、女性の場合90cm以上と規定されています。 「中性脂肪が多い・HDLコレステロールが少ない」の判断基準は中性脂肪が150mg/dl以上またはHDLコレステロールが40mg/dl以下と規定されています。 「血圧が高め」の判断基準は最高血圧が130mmHg以上または最低血圧が85mmHg以上と規定されています。 「血糖値が高め」の判断基準は、空腹時の血糖値が110mg/dlと規定されています。

 

メタボリックシンドロームを放っておくと発症する病気

 

メタボリックシンドロームを放っておくと、動脈硬化が進み、血管が詰まったり破裂しやすくしたりします。これは脳卒中や心臓病を発症する確率を著しく上げていることになります。また、血糖値も上昇している場合もあるため、糖尿病になる可能性も高くなります  

 

メタボリックシンドロームの診断基準は上記のようになります。メタボリックシンドロームの基準に当てはまる人は、食生活や運動習慣を改善するようにしてください。

 

(photo by //www.ashinari.com/2009/07/21-024566.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基準に関する記事

あなたは異所性脂肪が多い?少ない?「血液検査」を参考に考えられる異所性脂肪の量

あなたは、自分の体の中に異所性脂肪が多いかどうか知っていますか? 脂肪ではなく...

今すぐ確認!メタボリックシンドローム診断基準-注目ポイントと数値の目安-

  メタボリックシンドロームという概念によって、動脈硬化による疾患の危険性を認...


メタボリックシンドロームと内臓脂肪、よく聞く二つの言葉の関係は?

  メタボはメタボリックシンドロームの略で、メタボリックシンドロームは内臓脂肪...

メタボの世界基準

  メタボリックシンドロームの診断基準は日本と海外都では若干異なります。海外の...

カラダノートひろば

基準の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る