カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 胃がん >
  4. 治療 >
  5. 進行胃がんに有効!抗がん剤で直接胃を洗浄する『腹腔内温熱化学療法(HIPEC)』とは?

ガン・悪性腫瘍

進行胃がんに有効!抗がん剤で直接胃を洗浄する『腹腔内温熱化学療法(HIPEC)』とは?

 

現在、胃がんは日本人のがん部位別発症率において第2位に挙げられるなど、非常に罹患率の高い疾患であり、手術で切除を行っても浸潤を起こした胃がんは、腹膜に転移し再発するケースが多いことが問題となっています。

 

これに対し、以前までは有効な治療法がないとされていましたが、現在では滋賀医科大学医学部附属病院にて『腹腔内温熱化学療法(HIPEC)』という、生理食塩水に抗がん剤を混ぜた溶液で直接胃を洗うという療法が行われるようになり、生存率が飛躍的に上昇していると言います。

 

以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

『HIPEC』の実際について

<腹膜播種性転移とは?>

腹膜播種性転移とは、胃の内側の粘膜に発現したがんが、浸潤し胃の壁を越えて腹腔内にこぼれて広がり、転移を起こした状態のことを言います。

 

『HIPEC』の適用としては、腹膜播種性転移が起こる可能性がある場合と言われており、(胃がん切除後の再発の半数が腹膜によるものであり、腹膜播種が起こりやすいStageⅢAから生存率が下がっていることから)逆にこれを制御できれば、飛躍的に生存率が上がると言われています。

 

<治療の実際について>

胃がんの進行は、胃の内側の粘膜から発症し表面側へと浸潤していきます。胃がんの深達度は以下に分類されます。

 

◆胃がんの深達度

T1:粘膜と粘膜下層に留まっている

T2:筋層あるいはしょう膜下層まで進んでいるが、胃の表面には出ていない

T3:胃の表面に出てきている

T4:胃の表面に出て、さらに他の内臓や組織に浸潤している

⇒『HIPEC』の適用としては、腹膜播種性転移が起こる可能性が高いと思われるT3、T4の患者さんに行われます。

 

◆治療の手順

1)通常の胃がん手術で腫瘍を取り去り、消化管再建を行う。

2)ウーンドリトラクターと呼ばれる囲い(還流スペース)を腹腔内に作り、腹膜へ水圧を加えて薬剤の組織浸透性を増加させる。

3)3種の抗がん剤

シスプラチン(10mg)、マイトマイシンC(50mg)、フルオロウラシル(1000mg)を加えた5リットルの生理食塩水を加熱する。

4)手で溶液を攪拌しながら、腹腔内抗がん剤濃度を均一にする。

5)42℃を維持しながら、腹腔内を30分間持続還流する。

6)ポンプ調整によって、還流温度、還流流量を調整する。

7)終了後、腹腔内溶液をすべて吸引。

⇒静脈投与による従来の化学療法よりはるかに高い濃度(50~70倍)の抗がん剤に、直接がん細胞が暴露されることで、抗腫瘍効果が増強されていると考えられています。

 

臨床試験では、播種の抑制と高い生存率が確認された

滋賀医科大学で、『HIPEC』を行ったケースと行わなかったケースを比較し、下記のように5年生存率に顕著な差が現れたという報告があります。

 

<HIPEC後の5年生存率>

IA:92.2%

IB:85.3%⇒100%

II:72.1%⇒100%

IIIA:52.8%⇒90.9%

IIIB:31.0%⇒77.9%

IV:14.9%⇒28.9%

 

滋賀医科大学の報告によると、術後の副作用については、発症する可能性のあった熱傷、腸閉塞、腎機能障害については現在まで起こっていないと言われています。その理由として、高濃度の抗がん剤を使用しているが術後にすべて吸引することで、血中移行が少ないこと、また還流時間の短縮化により患者への体の負担が軽減したことなどが挙げられています。

 

未だ臨床試験の段階であり、保険適用とはなっていませんが胃がんに関しては現在申請中との報告もあり、一般治療として普及する日も近いと言われています。

 

悪性度の高い『スキルス胃がん』治療の進歩によって、生存率はどれだけ改善されたか?

胃がん全体の約10%を占める悪性度の高い『スキルス胃がん』は、粘膜の下でがん細胞が増殖していくため、X線や内視鏡検査による胃表面の病変は小さく見え、早期発見が困難になることが多くあります。また、増殖速度も速く、通常の胃がんの約6倍の速度であることから、1年間で急に進行し成長した状態で発見されるケースも多いと言われます。

 

さらに、スキルス胃がんで最も問題なのが、胃壁を突き破ってがん細胞が腹腔内に撒き散らされる『腹膜播種』です。この状態では胃摘出を行っても、散らばったがん細胞には対処できず、有効な治療法がない状態となることも少なくないとされています。

 

しかし、現在の標準治療薬である『TS-1(一般名テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)』や『タキサン系抗がん剤』が登場して以降、血中からの全身投与と、脂溶性薬剤の特性である長時間の腹腔内滞留が可能となり、高い抗腫瘍効果を発揮することとなりました。また近年では、抗がん剤を直接腹腔内に注ぐ『温熱化学療法』が導入された結果、1年生存率78%、2年生存率47%という良好な成績が示され、腹腔内に散らばったがん細胞が縮小、消失した症例も報告されていると言います。以下では、それらの詳細について見て行きたいと思います。

 

『スキルス胃がん』とは?

スキルス胃がんは、胃がんの中でも特に発見しにくいと言われていますが、その理由は胃壁全体にがん細胞が広がってしまうタイプであるためと言えます。胃がんは次の1~5型(ボールマン分類)に分類され、その内スキルス胃がんは4型に当たります。

 

◆1型

細胞と細胞が密にくっついて固まり、隆起を作るタイプ。

 

◆2型

えぐれたような潰瘍ができているタイプ。

 

◆3型

細胞と細胞が離れやすく、潰瘍ができて崩れているタイプ。

 

◆4型

表面にほとんど凹凸がなく、がん細胞が胃壁の中にパラパラと広がっていくタイプ。スキルス胃がんもこのタイプ。

 

◆5型

その他で、1~4型に当てはまらない胃がんがここに分類される。

 

術前補助化学治療で生存率は変わるか?

スキルス胃がんの標準治療

タキサン系薬+TS-1の併用投与が登場する1999年以前では、腹膜播腫患者の生存期間は約8カ月であり、2年生存率も6.3%と非常に少数でしたが、1999年の上記の治療法が行われるようになって以降、『生存期間は13.7カ月、2年生存率は33.7%』と大幅に向上しました。その後、『術前化学療法』が行われるようになって以降、さらに治療成績が上昇したと言われています。

 

<術前化学療法のメリットとは?>

術前化学療法のメリットは、強力な治療が行えるという点にあります。手術後は体力が低下しているため、強い抗がん剤治療が実施できません。術後化学療法(TS-1の単剤)の平均継続期間は、半年が7~8割、1年間継続が6割程度となります。一方、術前化学療法は、強力な治療にも耐えることが可能となります。

 

◆金沢大学院の臨床試験で、高度腹膜播種の患者に術前タキサン系薬+TS-1の併用投与を行った症例があります。

 

<試験内容詳細>

高度腹膜播種の患者22名を対象に、術前タキサン系薬+TS-1の併用投与を行った。

⇒結果、内10名に1)肉眼的播種の消失、2)腹水消失、3)細胞診陰性、さらに胃切除後4)生存期間944日に延長した。

 

『温熱化学療法』による治療成績は?

また、前述のように近年では『温熱化学療法』という42℃程度に熱した抗がん剤を腹膜全体に還流させるという手法も併用されている例があり、これによって治療成績がさらに向上しています。

 

◆東京大学における、温熱化学療法有効性を調べる第2相試験では以下の結果となりました。

 

1)07~09年の有効性を調べる第2相試験では、1年生存率が78%、2年生存率47%という優れた成績を示した(これ以降、高度医療に認定)。

 

2)09年12月以降は、高度医療制度下で再び第2相試験が行われ、『肉眼的な腹膜播種がある』症例の1年生存率が約80%という、前回の第2相試験とほぼ同等の結果が出た(白血球減少や好中球減少などの副作用についてもほぼ同様の結果となった)。

 

最後に

上記の臨床試験の結果を受け、良好な成績が得られたことで、臨床試験は次のステップに進むこととなっているようです。今後は、さらに臨床試験の症例数を増加し有効性を検証していく予定であるとのことです。

 

胃がんの抑制効果が確認された「黒にんにく」とは?

胃がんの抑制効果が確認された「黒にんにく」に含まれる「S-アリルシステイン」とは?

がんの中でも「胃がん」は日本人に特に多く発症する病気であると言われています。この原因としては、日本料理特有の塩の多さが最も原因しているのではないか、と考えられているようです。これを表す事例として、以前東北地方沿岸部においては、塩蔵食品が多く扱われており、胃がん発生率も高かったそうなのですが、現在では冷蔵庫の普及のために塩分の使用率が下がり、胃がん発生率も合わせて低下した、という報告があります。

 

胃がんは早期発見され、早い段階で治療を行えばほぼ完治できる病気であると言われています。毎日の出来る予防法として、減塩以外に何か食事療法がないかと考えるところですが、現在非常に注目されているのが「黒にんにく」という食材です。これに含まれる「S-アリルシステイン」という含硫アミノ酸(一種のポリフェノール)に胃がんの発生を抑制する効果があることが確認されています。

 

がん発生の原因の一つに、「活性酸素」による細胞やDNAの損傷が指摘されていますが、この高い抗酸化力を持つポリフェノールが作用し活性酸素が失活することによって、胃がんの予防が可能であると考えられます。

 

S-アリルシステインの効果を示す実験結果とは?

S-アリルシステインを含む黒ニンニクが、マウスに投与された実験の事例があります。通常のニンニクにも高い抗酸化作用はありますが、それ以上に黒ニンニクには16倍もの高い腫瘍の治癒効果が確認されたようです。マウス体内の活性酸素を50%減少させるのに必要であった投与量が、それぞれ黒ニンニクが7.3mg、通常のニンニクが114.9mgと約16倍の差で、S-アリルシステインの高い抗酸化作用が確認されました。

 

また、S-アリルシステインの例ではありませんが、疫学調査研究において、にんにくの摂取量が多い人は「大腸がん、胃がん」の発症リスクが低くなったという報告が複数存在するようです。

 

家でもできる「黒にんにく」の作り方

上記のような高い抗酸化効果のある「黒にんにく」をご家庭で簡単に作ることが出来ます。

 

<材料>

・にんにく(適量…5.5合炊きで最大20個程度)

・炊飯器(臭いが取れなくなるため、黒にんにく専用のものが必要です)

 

<作り方>

1)皮を剥かずに水で洗い、そのまま炊飯器に入れる。(水などは足さない)

2)炊飯器を臭いがしても迷惑がかからない場所に移動させる。

3)保温ボタンを押して、10日ほど出来上がりを待つ。(途中で数回は出来具合を確認する)

4)真っ黒になって、辛味が無くなれば完成です。

 

上手く作れたら、甘みのあるプルーンのような味わいになるとのことです。

 

最後に

食事療法による胃がんの予防は、もちろん大事ですが、その他の胃がん発生のリスク因子として、「過食、早食い、焦げた食材、飲酒、喫煙」なども同時に挙げられています。これを摂取しておくと大丈夫だろう、と過信せず総合的な生活習慣の見直しが必要であると言われています。

 

胃切除の手術後はダンピング症候群になる可能性も!

胃がんの治療には手術が行われることが多いです。手術は一般に胃の切除を行い、全摘除するか一部を残すかは、患者さんの病態によって変わってきます。

 

胃切除の影響

胃を全摘した場合はもちろんのこと、一部を残した場合でも手術前と同じような食事を摂ることはできなくなります。また、カルシウムや鉄分の吸収が悪くなってしまいますので、女性(特に閉経後)の骨粗鬆症のリスクがかなり高くなるといわれています。

 

化学療法中の自己管理指導の一環として、食事指導をするときはその点を十分注意しなければなりません。

 

ダンピング症候群

胃の手術を行った患者さんは食べ物が急速に小腸に流入することになりますので、ダンピング症候群が起きることもあります。これには食後2~30分で起きる早期のものと、食後2~3時間で起きる後期のものに分けられます。

前者の主な症状は動悸や発汗、めまい、下痢、腹痛など、後者は冷や汗や脱力感、手や指の震えなどが表れます。

 

術後の食事としてダンピング症候群を防ぐためにも

・炭水化物や糖質を多く含む食品は控えめに

・食事の回数を増やして少量ずつゆっくり食べる

・食後2~30分は安静にしておく

などのような食事の摂り方を守るとともに、医師や栄養士の先生に食生活の相談をしてみるのもいいでしょう。

 

日から始める胃がん予防!ヨーグルトがピロリ菌を除菌

皮膚にかかったら、溶けてしまうぐらい、高酸性の中でも生きていける「ピロリ菌」。

胃の中で生活するピロリ菌は、胃炎や胃潰瘍、胃がんの原因となり、大腸がんを併発しやすいなどということが知られています。

 

このピロリ菌、日本人の保菌率は、50%近く!

60歳以上に限って言えば、70%超とも試算されています。そんな怖いピロリ菌、日常の生活で、なんとか抑えられないものでしょうか。

 

ヨーグルトで除菌!?

ヨーグルトに含まれる乳酸菌、乳酸菌の種類は、何千・何万も及びます。

このうち、免疫機能を高めたり、お通じをよくしたりと、様々な効果を持つ株が分類され、商品名にもなったりしています。

アルファベットや数字だけの商品名のヨーグルト、最近よく見かけますよね。

中には、ピロリ菌の殺菌効果をもつものもあるのです。

 

ヨーグルトの殺菌効果は?

このピロリ菌を殺菌するというヨーグルトを1日2回、8週間食べた結果、31人中20人にピロリ菌の減少効果があったということです。

中には完全に消滅した人もいるのだとか。

 

これを多いと見るか、それともやっぱり100%の方法ではないのか…と見るか。考え方はいろいろですね。

 

除菌療法の抗生物質の薬と併用することで、除菌の成功率は上がると思われますし、ヨーグルトですので、除菌の副作用で発生する可能性のある、下痢も緩和できる効果が期待できます。 

 

いろいろな食材の、抗ピロリ菌効果

乳酸菌以外にも、ピロリ菌の殺菌効果があるというデータが近年増えてきました。ブロッコリースプラウトや、はちみつ、緑茶カテキンやラクトフェリン。

他にもココアなどが、効果があると言われています。

もちろん、どの食材でも菌を100%減らせるわけではないですし、食べ過ぎは別の不調をもたらすこともあります。

 

一度減った菌も、胃の中の環境によっては、またピロリ菌は増殖をしてきますし、悪さをする可能性もあります。

 

完全にピロリ菌を除菌するには、医師の相談の元「除菌療法」を試してみることをお勧めします。

 

がんの治療方法としてよく耳にする放射線治療!胃がんに対する放射線治療とは?

がんの治療方法には、大きくわけて外科的手術、薬物治療、そして放射線治療があります。

外科的手術は患部を外科的に除去すること、そして、薬物治療は抗がん剤を利用して、がん細胞の増殖を抑えるという治療です。 

今回は、もうひとつの放射線治療とはどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

 

放射線治療とは

放射線治療とは、薬物治療と同様にがん細胞の増殖を抑えることを目的とした治療方法で、治療する手段として放射線を用います。

 

放射線を患部に照射することによって、患部のがん細胞の増殖を防ぎます。放射線治療の利点は、外科的手術と異なり手術によって体を傷つけることなく、がんを小さくする効果があることです。

 

放射線治療の方法と副作用

具体的には、放射線治療によってがん細胞のDNAが合成するという機能を止め、破壊するという治療法ですが、胃がん治療には好ましくないという議論があります。その最大の理由は、放射線治療の副作用として、放射線によって健全な細胞にも悪影響が及ぼされる可能性があるということです。

 

胃がんのように腹部に放射線照射を行わなければいけない場合、副作用として下痢・嘔吐・吐き気があり、さらに放射した部分の皮膚にはかゆみや腫れが生ずる場合があります。

放射線治療は通常週に4-5回、1日1回受けなければならず、とてもつらいようです。

 

胃がんに対する治療方法は、現在では手術と化学療法の併用が一般的です。

 

放射線治療は、たしかに外科手術のように体に傷をつけることなく、がん細胞の増殖を抑える効果がありますが、周囲の健全な細胞に悪影響を及ぼすリスクがあり、下痢・嘔吐・吐き気といった副作用があるため、胃がんには放射線治療はあまり用いられないようです。

 

(photoby:http://pixabay.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る