カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 耳硬化症 >
  5. 耳硬化症の手術の後遺症にはどんなものがあるの?安全な手術のための医師選び

気になる病気・症状

耳硬化症の手術の後遺症にはどんなものがあるの?安全な手術のための医師選び

 

耳硬化症は、耳の奥にある耳小骨の付近に骨のような組織が出来てしまう病気のことで、耳小骨がうまく動かなくなるせいで難聴を引き起こします。

耳硬化症の手術とその後遺症を見ていきます。

 

●耳硬化症手術では耳小骨を入れる

耳硬化症で問題を引き起こしているのは、耳小骨の付近に出来た骨のような組織ですので、耳小骨を組織ごと取出します。

ですがそのままでは耳が聞こえなくなってしまうので、今度は人工の耳小骨を入れ込んでそれを自分の耳小骨として使います。

人工の耳小骨は、チタン系のものもあればセラミックのものもあります。

なお、手術にかかる時間は全身麻酔で1-2時間、必要な入院期間はおよそ1週間です。

 

●めまいなどの後遺症

耳硬化症手術の成功率は80%以上、高い場合は90%を超えることも珍しくはないので、後遺症が残るケースの方が珍しいです。

起こり得る後遺症の一例をあげておきます。

・めまい

・却って難聴がひどくなる

・味覚障害

・顔面の麻痺

 

●安全な手術のための医師選び

耳小骨は非常に小さな組織なので、少しのズレが大きな後遺症を生み出してしまう可能性もあります。

そこで重要になってくるのは耳硬化症の手術に慣れている医師、執刀経験の多い医師を選ぶことと言えるでしょう。

今までの手術実績はもちろん、成功率なども参考にしながら病院を選べる状態がベストです。手術実績について一度病院に訊ねてみてもよいでしょう。

 

耳硬化症の手術は必ずしも行わなければいけないものというわけではなく、聞こえ方を確認して最終的に手術を勧められることが多いです。

補聴器での回復もある程度見られる病気ですので、どうしても手術のリスクなどが怖いという場合は、補聴器で対応してみるのもひとつの方法と言えます。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2014/03/12/18/06/boys-286179_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳硬化症に関する記事

原因不明の耳硬化症!かかりやすいのはどんな人?

  耳硬化症という病気は耳の中に骨状の組織が大量に出来てしまうのが特徴です。 ...

徐々に進行する難聴!耳硬化症

  難聴にもさまざまな種類がありますが、30代以上の女性が多く症状を訴える...


症状がいくつかあります!耳硬化症

  耳硬化症は女性に多い難聴で、伝音性の難聴です。30代以降に症状が自覚さ...

手術で治ります!耳硬化症

  耳硬化症とは、思春期以降に発症する伝音性難聴で、耳の奥にあるあぶみ骨と...

カラダノートひろば

耳硬化症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る