カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 老人性難聴 >
  5. 老人性難聴は障害者手帳の対象になる!障害者手帳を持つメリット・デメリット

気になる病気・症状

老人性難聴は障害者手帳の対象になる!障害者手帳を持つメリット・デメリット

年を取って耳が遠くなることは誰にでも起こり得る現象です。年齢を重ねれば細胞の動きがそれだけ悪くなるので、難聴にもなりやすいのです。

 

加齢が原因となる難聴を老人性難聴と呼んでいますが、老人性難聴は障害者手帳の交付対象です。

 

●障害者手帳の交付対象基準

老人性難聴も含む難聴での障害者手帳の交付対象基準は、両耳で70デシベル以上です。70デシベルは大声、90デシベルは怒鳴り声レベルと言われています。

 

つまり70デシベルの音が聞き取れない状態では日常的な会話も難しく、生活に不便を感じることも多いため、障害者手帳の交付とされます。片耳が90デシベル以上、もう片方が50デシベル以上も対象です。

 

上記で紹介した障害者手帳の基準は6級で、さらに聞こえが悪いと4級、3級と級数が上がっていきます。なお、日本は難聴での障害者手帳交付基準がやや高く、海外では40デシベル以上で障害者手帳交付基準となる国もあります。

 

●各種割引や補聴器支給

障害者手帳を持つことでのメリットは税金控除、交通費割引などの生活的な面の支援から補聴器支給まで多岐にわたっています。

 

障害を持っていることが原因で暮らしにくい点を改善するために、このような割引制度などが設けられています。等級程度、そして各自治体の制度によって多少の違いはありますが、何らかの金銭的な割引は受けられると考えてください。

 

●車の運転などにデメリットがあります

逆に、障害者手帳を持つことのデメリットには、車の運転などが難しくなることが挙げられます。

 

聴覚障害者は完全に車の運転が制限されることはありませんが、警音器の音が聞こえるかどうかのチェックの他車種の限定、特定後写鏡の設置など条件があります。

 

ローンや就職に関しても不利となりがちですが、老人性難聴の場合はすでに退職している方も多いと思いますので、その点でのデメリットは少なめです。

 

聴覚障害で障害者手帳を交付してもらう時には、福祉課などに問い合わせて申請の旨を伝え、その後医師に診断書を書いてもらいます。印鑑や証明写真など必要書類を診断書と一緒に申請して、審査の結果を1か月半程度待ちます。 

(Photo by: [//pixabay.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

老人性難聴に関する記事

聞こえにくくなってきたら考えてみよう!老人性難聴での補聴器の選び方

  軽度難聴の中でも最も多いのが老人性難聴で、年を取って耳の細胞が弱ってくるこ...

老人性難聴てどんな風に聞こえない?

  老人性難聴とは、ご老人の耳が遠くなるの現象のことです。 加齢によって内耳の...


老人性難聴とコエンザイムQ10

  老人性難聴は老化現象の一種なので、原則として回復していくことはない病気...

老人性難聴には骨伝導の補聴器がいい?

  老人性難聴の治療は、基本的に回復は困難とされているため、補聴器で聴力を...

カラダノートひろば

老人性難聴の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る