カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. ブリッジ >
  5. ブリッジの寿命はどれくらい?重要なのは「ブリッジをとりまく環境」を悪くさせないこと!

気になる病気・症状

ブリッジの寿命はどれくらい?重要なのは「ブリッジをとりまく環境」を悪くさせないこと!

 

歯科治療の方法のひとつとして、ブリッジという方法があります。ブリッジというのは、虫歯治療などで抜いた、あるいは抜けてしまった歯を補う治療方法です。抜いた歯の両隣を削ってそれを土台とし、その両側の歯に支えてもらう形で人工の歯を、欠損した場所に入れ、歯の機能回復を測るものです。

 

ブリッジってどれくらい持つの?

人工物の歯は施術を受ければそれが一生続くとは限りません。もしかしたら数年後にはダメになって再び手術が必要になるかもしれません。そのため患者にとってブリッジの寿命というのは非常に気になる部分だと思います。具体的には

ブリッジは装着後10年で、50~70%の人がそのまま使っている

とされている論文が多いです。これを新しい治療法で、寿命が長いことで知られているインプラントと比較してみましょう。

インプラントは装着後10年で90~95%の人がそのまま使っている

とされています。こうしてみるとブリッジよりもインプラントの方が、寿命が長いようです。

 

条件によって伸びも縮みもするブリッジの寿命

確かに上記のデータではインプラントに軍配が上がりそうですが、そう単純な話でもありません。上記の数字はあくまでも平均的なデータです。わざわざ「あくまでも平均」と書くほどに個人差があるということです。つまりブリッジでも20年、30年と使い続けている人もいれば、2年や3年でダメになってしまう例もあるのです。

これはつまり患者さん個々の条件によって長くも短くもなるということです。

 

ということは、上記の数字はブリッジの耐久性ではなく…

10年後に50~70%という数字は、ブリッジ自体の耐久性ではありません。ブリッジ周辺の歯の問題や口腔内の様々な問題によって、ブリッジをとりまく環境がダメになってしまうということなのです。

 

 

残された歯の環境を良い状態で保つことは、患者さん自身がしていくことです。比較に出したインプラントであっても、インプラントをとりまく環境が悪ければ、数年でダメになってしまうこともあるのです。

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E8%8A%B1-%E5%B7%A5%E5%A0%B4-%E5%8F%A3%E3%81%AE%E4%B8%AD-%E6%AD%AF-%E3%81%82%E3%81%94-%E9%A1%94-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-122708/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

ブリッジに関する記事

歯の治療に用いられるブリッジの寿命は〇年!

  歯の治療のひとつにブリッジというものがあります。ブリッジ治療をした歯は...

抜歯したら行うブリッジってなんのこと?

  抜歯をしたことがある人は、ブリッジというものを知っているでしょうか。  ...


保険適用内外の歯のブリッジの治療費用

  ブリッジは歯の治療の一つです。歯に何か問題があった時に削るという経験を...

失った歯の機能を取り戻す!「ブリッジ」の治療って具体的にどうやって進んでいくの?

  何らかの理由で歯を抜いた場合、その抜いた場所をそのままにしておくと隣の歯が...

カラダノートひろば

ブリッジの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る