カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 予防 >
  5. 誰かに共感することがうつ病対策

メンタル

誰かに共感することがうつ病対策

■うつ病にならないためにストレスに対する対策を準備することは不可欠です。


人の脳には他人の気持ちを理解する共感脳という機能があります。この機能がストレスに対抗する鍵ともなるのです。

相手の気持ちがわからない身勝手な思考ならストレスがたまらないと思うかもしれませんが、そのような事はありません。


人がストレスに耐えられるのは、自分以外の相手と気持ちを共感できるからなのです。

 

自分一人で耐えられるストレスはたかがしれています。


共感脳が衰え人と共感できなくなると、ストレスを自分一人で抱え込み、少ないストレスでも押しつぶされうつ病になるリスクが上がるのです。

■他人と共感する脳


●相手の苦しみや悲しみを共感できることで人は我慢できる


●共感できる機能は人のみに発達した機能。


●内側前頭前野が共感の機能を司っている。

■人が社会を形成するようになったことで、新たなストレスも同時に発生するようになりました。


その新しいストレスに耐えるためには、人も新しいストレス対策が必要となり、社会を形成する隣人と共感する機能が発達しました。


社会の中で万全のストレス対策を行うのならば、この共感という機能を活用しなくてはいけません。

 


・(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/07/22/01/51/friends-52662_640.jpg)

著者: しょーちゃんさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

日本人は本当はうつになりにくい!?その理由は食べ物にあった!

日本人は、生涯に15人に1人がうつ病になると言われています。うつ病の改善のため...

脳の社会性機能がうつ病予防に

■ストレスに立ち向かうセロトニン神経 脳の社会性を司る機能はセロトニン神経とい...


子供に社会性の発達する遊びを

■うつ病にならないためにストレスに対する耐性を養うことは重要です。そのストレ...

脳の血流が悪くなるとうつに

■脳が活動するのには血流による栄養と酸素が不可欠です。   脳の活動が正...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る