カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 高い治療費をかけたインプラント…治療後放置している人多いのでは?大事なメンテナンスしてる?

気になる病気・症状

高い治療費をかけたインプラント…治療後放置している人多いのでは?大事なメンテナンスしてる?

 

インプラントは保険外の歯科治療です。一本数十万円かかりますが、いざ、インプラントを入れ終わると、放置している人も意外と多いのが現実です。でも本当に放置しておいても大丈夫なのでしょうか?

 

インプラントって虫歯になるの?

本物そっくりなインプラントですが、材質的に虫歯には100%なることはありません。ですが、インプラント周囲には炎症がおきやすいので気をつけなければいけないのです。何よりも自覚していただきたいのが、インプラント部分は神経をとってしまっているので、炎症やそのほかの感染症になって自覚症状がないので気がつきにくく、手遅れとなりやすいということです。

インプラントをきちんと維持するには日々のブラッシング(歯磨き)や、定期メンテナンスを受けることが大切となります。

 

インプラントの定期メンテナンスって?

《時期》

通常の歯の歯科検診と同じように3ヶ月~6ヶ月に1回は必ず行くようにしましょう。

《内容》

・インプラントを埋め込んだ周辺に変化がないか確認

(歯周病や、炎症がないか)

・噛み合わせのバランスを診る

(天然の歯は自然に調整がききますが、インプラントにはそれは不可能です。噛み合わせがうまくいかない状態で使い続けると無理に力が加わってしまい破損等の恐れがあります)

・歯のゆるみがないかチェック

 

自覚症状の出にくいインプラント部分の炎症

インプラントの周辺で一番起きやすいのがいわゆる歯周病です。

まず初期段階として、「インプラント周囲粘膜炎」になります。コレは通常の歯でいうと歯肉炎になります。この段階でスケーリングなどを行い、歯垢を除去すれば悪化することはありません。

ですが、これを放置すると「インプラント周囲炎」、いわゆる歯周炎になり、治療が困難になります。そうならないためにも早期発見、早期治療が大切なのです。

 

 

高いお金を払って治療したインプラントです。放置してインプラントの除去や再手術ということにならないよう、定期的にメンテナンスをするように心がけましょう。

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2011/08/29-349534.php?category=393])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯に関する記事

口の中の血豆、放っておいていいの?!

口の中をあやまって噛んでしまった!! なんて経験、よくありますよね。  ...

神経の痛みで生じる歯痛に「正露丸」「今治水」これらの薬で、ひどい歯痛に応急処置!

正露丸(せいろがん)と今治水(こんじすい)という市販薬があります。そのどちら...


保険適用内外の歯のブリッジの治療費用

  ブリッジは歯の治療の一つです。歯に何か問題があった時に削るという経験を...

神経が死んだ歯にできる唯一のホワイトニング、「ウォーキングブリーチ」てどんな方法?

  虫歯などになると、次第に歯がしみるなどの自覚症状が出てきます。しかし、その...

カラダノートひろば

歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る