カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. インプラント >
  5. 歯科治療で壁となる金属アレルギー…金属アレルギーでもインプラントを受けることができるか?

気になる病気・症状

歯科治療で壁となる金属アレルギー…金属アレルギーでもインプラントを受けることができるか?

 

インプラント治療を考えている人の中には、アクセサリーなどで金属アレルギーを起こすけれど、インプラントは大丈夫かな?と考え一歩を踏み出せずにいることもしばしばあるようです。では実際インプラント治療をする上で、金属アレルギーはどのような影響を及ぼすのでしょうか?

 

インプラントでは金属アレルギーが出にくい?

インプラント本体には確かに金属が使われています。金属と一言で言っても、金属にはアレルギーが出やすいニッケル、クロム、シルバーなどもありますし、アレルギーが出にくいチタンなどもあります。インプラント本体には純度99.9%以上のチタンが使われています

医療用の金属(ペースメーカーや骨折治療用の固定ボルト、など)にはこのチタンが使われています。チタンは身体に害を及ぼしにくく、安全性があることからインプラント治療に使われています。ですのでほとんどの方はアレルギーが出ないといってよいと思います。

また、人工歯のほうで金属アレルギーが出る可能性があります。その場合はオールセラミック(値段は高くなります)にするなどの策をとることができます。

 

皮膚科でアレルギー検査を受けてみよう

とはいっても、実際チタンアレルギーを持っている方も稀にいます。過去、アクセサリーなどをつけて、かゆみや湿疹などを伴った方は、インプラント前にアレルギー検査をしたほうが良いでしょう。その場でパッチテストをしてくれる歯科もありますし、事前に皮膚科でアレルギー検査を受けてくるよう指示をされることもありますので、まずはインプラントをする歯科で事前に相談をしてみましょう。

 

もしインプラント埋入後にアレルギーが出てしまったら?

インプラントを埋入してからチタンアレルギーだと気づくケースもあります。

その場合はパッチテストなどで、原因を確かめ、チタンアレルギーだと断定された場合は、インプラントを除去することになります。その場合は入れ歯や、ブリッジなどで代用することになります。

 

 

金属アレルギーが疑われる方は、事前のカウンセリングなどで必ず医師に相談するようにしましょう。チタン以外のアレルギーであっても、金属アレルギーを持っているということは伝えておいた方が賢明です。

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/07/21-024590.php?category=275])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

インプラントに関する記事

歯周病、タバコ、噛み合わせなど…インプラントに向かない人と生活習慣

    インプラントは他の歯を痛めず、きれいな仕上がりになりますので比較的好まれ...

インプラント治療の気になる部分!インプラントにかかる「費用」と「治療期間」を知りたい!

インプラント=高額というイメージがあるとおもいますが、実際はいくらくらいかかる...


インプラントに強い力が集中すれば『骨吸収』が起こる?インプラント治療の欠点まとめ

インプラント治療とは、虫歯や歯槽膿漏などが原因で歯を失った際に、顎の骨にインプ...

インプラント治療を選択する前に確認しよう!メリットとデメリットについて

  抜歯をすると、その場所に代わりの歯を入れなければならなくなります。その選択...

カラダノートひろば

インプラントの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る