カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 予防 >
  5. 三つの脳のバランスがうつ病の鍵

メンタル

三つの脳のバランスがうつ病の鍵

■前頭前野には人間らしさを司る三つの脳があります。


共感脳、学習脳、仕事脳とそれぞれに特別な神経の束で、それぞれの機能で脳の働きを人間らしい方向に導いてくれます。


その三つの脳のバランスが崩れると、その影響は脳全体に及び、人としての機能が崩れ、うつ病などの精神疾患へと繋がってしまうのです。

学習脳、仕事脳と人間が社会で生活する飢えで重要な機能ばかりですが、その二つの脳のバランスを取り持つ共感脳こそ、最も重要な器官と言えるでしょう。

■人間らしさを形成する三つの脳


●学習脳
ドーパミン神経により学習し努力することを促す機能。


●仕事脳
複雑な仕事に集中するためにノルアドレナリン神経を使い脳を興奮させる。


●共感脳
セロトニン神経により二つの脳のバランスを整え平常心を保つ

■この三つの脳の内、学習脳と仕事脳は非常に重要な機能を司っていますが、それだけにドーパミン神経やノルアドレナリン神経が暴走すれば、うつ病など重大な疾患を引き起こしてしまいます。

一見、二つの脳のように重要な働きをしない共感脳のセロトニン神経が、二つの脳が暴走しないように調節する重要な脳なのです。


うつ病を予防するには、三つの脳のバランスを崩さないよう、特に共感脳を活性化させることが重要になります。

 

・(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/03/01/15/43/human-20424_640.jpg)

著者: まるさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

うつ病の原因は脳にある?!脳機能に影響を与える食品成分について

   うつ病は、脳の生成するホルモンが乱れることによっておこる場合があります。...

過眠や過食の症状が出たら注意!冬期うつ病の症状と予防策について

一年の中で10月〜11月の寒くなり始める頃くらいに発症される方が多いため、「冬期...


ストレスを消す涙の力

    ■ストレスを受け流す力は、脳の中の前頭前野にあるセロトニン神経を...

うつと不安によく効く!トリプトファンを含む食べ物を見てみよう

うつ病は性格の問題やストレスだけではなく、脳内伝達物質がかかわっている、という...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る