カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 基礎知識 >
  5. 一生大切にしていけなければいけない歯、その構造きちんと知ってる?自分の歯を知ろう!

気になる病気・症状

一生大切にしていけなければいけない歯、その構造きちんと知ってる?自分の歯を知ろう!

 

歯は乳歯から永久歯に生え変わり、永久歯になると一生ものの大事な歯となります。毎日歯磨きをして、歯を大事にしているけれど、実は歯の事を知っているようで知らないのが現実です。

 

まず、大まかにに説明すると、口をあけたときに見える歯の部分を「歯冠」といい、歯茎(歯肉)の中に埋もれている足の部分を「歯根」といいます。そして歯の中心部分には「神経」が通っています。そしてその歯自体は色々な組織から形成されているのです。

 

エナメル質

歯冠の外側、表面部分で、人間の身体の中で最も硬い組織です。2~3mmほどの厚みがあります。外からの刺激や中の神経を守る働きをしています。

 

象牙質

エナメル質の内側にある組織で、歯の主成分です。エナメル質よりもやわらかく、虫歯が象牙質まで侵食すると虫歯の進行速度が速くなりますので要注意です。

 

セメント質

歯肉に埋まっている歯根部分の外側、表面の部分です。硬さは骨と同じくらいです。

 

歯根膜

歯を支えている骨(歯槽骨)と歯根の間にある繊維性の薄い膜です。歯槽骨と歯をつなぐ役割を担っています。咀嚼の際、歯槽骨に過度な力が加わるのを和らげる働きもあります。

 

歯槽骨

歯を支えている顎の骨です。歯周病が進行し歯槽骨が破壊されると、再生はするのが困難です。

 

歯髄

いわゆる神経です。歯の中央を通っています。象牙質に栄養を送るため、血管や、リンパ管なども通っています。歯髄は歯の痛みを感じる部分でもあります。

 

歯肉

一般に言う歯茎です。この歯肉は歯槽骨を保護する役割を担っています。ここが炎症を起こすことを歯肉炎と呼びます。

 

歯肉溝

歯と歯肉の間にある溝です。通常で1~2mmの溝があります。歯肉炎になるともっと深い溝になります。歯科医院ではこの溝の深さをポケット深針というものを使って測ってくれます。

 

 

時分のことですが知らないことも多いと思います。歯の構造を理解したうえで毎日のケアをするとよりいっそう気をつけなければいけないという気持ちになるのではないでしょうか。

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E7%AC%91%E9%A1%94-%E7%AC%91%E3%81%84-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E6%AD%AF-%E5%8F%A3%E3%81%AE%E4%B8%AD-%E3%81%82%E3%81%94-122705/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

片側噛みの改善の第一歩は歯の治療!左右バランスよく噛む意識をしよう

  片側のあごばかりで食べ物を噛むことを偏咀嚼と言うそうです。これはあごが歪ん...

歯磨き粉に含まれる殺菌剤『トリクロサン』は、肝臓がん発症に繋がる?!

近年、歯磨き粉に殺菌剤として配合されている『トリクロサン』という物質が、肝臓が...


歯茎が下がるってどんな状態!?正しい歯茎を知ろう

  歯茎が下がってきた、上がってきたという言葉は歯科医の間ではよく使われる...

八重歯ってなんでできるの?かわいい八重歯は虫歯になりやすい厄介者だった!

  日本では八重歯はかわいさの象徴として捉えられているようですが、海外ではどち...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る