カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯周病 >
  5. 最先端の歯周病の治療は「再生療法」、骨を再生して進行した歯周病を治す!

気になる病気・症状

最先端の歯周病の治療は「再生療法」、骨を再生して進行した歯周病を治す!

 

歯周病というのは歯を支えている骨が溶けてしまう病気のことです。歯槽膿漏という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、これは歯周病の以前の言い方で、今は歯周病という呼び方が一般的になりました。痛みなどの自覚症状がほとんどない歯周病は、35歳以上の8割が生じているとも言われています。

 

最先端の歯周病治療は「再生療法」

軽い歯周病であれば、歯周病を生じている場所の周辺を清潔に保つことで治せます。しかし歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、破壊された組織を回復させる手術が必要です。その方法が再生療法です。

 

歯周組織の再生療法には以下のようなものがあります。

 

・GTR(Guided Tissue Regeneration)法

これは、骨が消失した部分に医療用の皮膜を設置し、骨を再生させる方法です。

この治療には、歯肉の下に皮膜を挟んで縫合する手術が必要です。しかし欧米人に比べて歯肉が薄いアジア人の場合、手術が難しく、術後のトラブルも比較的多くなります。

 

・エムドゲイン法

エムドゲインというのは商品の名前で、一般名はエナメルマトリックスデリバティブというたんぱく質の一種です。この方法は歯が生えてくるときと同じ環境を作りだし、再度骨を歯の周辺に呼び込むことで、歯を再生させます。

具体的な手術は、歯茎を切開し、歯の表面を徹底的にきれいにします。そして酸処理をしてからエムドゲインを塗布し、縫合しておしまいです。

 

・骨移植

歯周病で失われた骨の部位に、人工骨や自家骨(自身の骨)を移植し、骨の再生をはかる方法です。

手術は、自家骨の場合は麻酔後に他の場所(あごなど)から骨を採取し、採取した骨を欠損している部分に補填し、膜をおいて縫合して行われます。

 

 

いずれの場合も歯肉を切って骨を露出させて行う治療です。これらの治療は先述のように難しいケースもありますし、治療の成功には、日々のプラークコントロールの精度も大きく関係してきます。

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E6%89%8B%E8%A1%93%E5%99%A8%E5%85%B7-%E6%89%8B-%E6%8A%80%E8%A1%93%E8%80%85-%E6%BA%96%E5%82%99-%E6%89%8B%E8%A1%93-%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AD-%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E6%BB%85%E8%8F%8C-81489/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯周病に関する記事

歯周病治療は肝機能まで改善させることが明らかに!

  歯周病治療は長く時間がかかる場合が一般的ですが、歯の健康のためには致し...

歯周病のときの歯磨きのやり方・注意点

  歯周病予防のための啓発CMなどで、よくリンゴやトマトがつぶれていく様子...


「乳酸菌LS1」の服用で、歯周病の原因菌が1/20に減少する可能性?!

歯周病とは、細菌感染によって炎症が起こり、歯を支える土台である歯槽骨が溶けて...

あなたは大丈夫?8020運動で歯周病が増えている?

    みなさんは8020運動というのをご存知ですか?厚生労働省と日...

カラダノートひろば

歯周病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る