カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯石 >
  5. 「検査はいらないから歯石だけ取って!」は損をする!?歯石除去を保険適用にするには…

気になる病気・症状

「検査はいらないから歯石だけ取って!」は損をする!?歯石除去を保険適用にするには…

 

歯石というのは、歯垢が石灰化し固まったものです。歯垢の段階であればまだ歯磨きを丁寧に行うことで除去できるのですが、歯石となると歯磨きでは除去できません。そのため歯石ができてしまったら歯科医院で、専門の治療をしてもらう必要があります。

 

歯石をとってほしいだけなのになんで検査もするの?

歯石をとってもらおうと歯科医院に行って、歯周病や虫歯の検査までされたことはないでしょうか。「歯石をとってほしいだけなのに…」と思うかもしれません。

これは何も歯科医院が、自分たちの利益のために余計な検査をくっつけて行っているわけではありません。これには歯石の除去が保険適用になるか、ならないかという点が問題になるのです。

 

歯石をとるだけでは「保険適用外」

検査をしないで、歯石をとるだけというのは、口の中の状態を知らないでするのですから、「治療ではなく処置」です。治療ではないということは、つまり、保険適用外になるということです。保険適用外になると当然、歯石をとるだけでも金額が大きくなります。かかる金額は1万円ほどになります。

 

検査をすれば歯石除去は「保険適用」に

歯石除去を保険適用で受けるためには、歯石除去が必要な病気(虫歯や歯周病)が必要なのです。つまり検査で口の中にこうした病気が見つかれば、歯石の除去は「治療」となり、保険適用で受けられるのです。保険適用で受けられるのであれば、レントゲン撮影などの検査を含めても、かかる金額は3000円ほどに抑えられるのです。

 

 

これを知らないで「検査はいいから歯石だけとって!」というのでは損をしてしまいます。そもそも歯石というのは目に見えない部分(歯と歯茎の間)にも隠れているものです。ですから、レントゲンなどで検査をしないで「歯石だけとって」というのは、きちんと口の中を知らないで治療をするということであり、完璧に歯石除去をすることができないのだ、ということを知っておきましょう。

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E7%9F%AF%E6%AD%A3%E6%AD%AF%E7%A7%91%E7%9F%AF%E6%AD%A3%E6%AD%AF%E7%A7%91-%E6%AD%AF%E7%A7%91%E5%8C%BB-%E4%B8%AD%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%93-287285/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯石に関する記事

歯磨きしても口臭が消えない!?その原因は歯磨きでは落とせない歯石かもしれない…

  人が生きていく上で、口の中が汚れないということは難しい話です。生きるために...

歯石は2種類!黒い歯石と白い歯石

歯石は元々歯垢から出来ています。 そして歯垢は食べ物の食べかすなどから出来てい...


目に見えない黒い歯石が厄介だった!歯茎の溝に入り込んだ黒い歯石に注意して!

  あなたの歯には「目に見えない黒い歯石」があるでしょうか。多くの人は「わから...

痛み、出血もある?歯石取りの実態…ホントはどれくらい痛いの?

「歯石取りは痛い」なんていう話を聞いて、歯石取りに行くのはちょっと嫌だなと思っ...

カラダノートひろば

歯石の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る